ふるさと チョイス。 さとふるVSふるさとチョイス 使い勝手を比べてみました!

😍 公金支払い のみの決済になっています。 他のふるさと納税ポータルサイトにはポイント還元があるものも多くあります。 JTBが運営• 返礼品が届くまでの期間が他サイトよりも短い自治体も 1,550 - 〇• より詳しいふるさとチョイスの利点については、こちらでご説明しています。

今回 おすすめランキング第1位にさせていただいた「楽天ふるさと納税」はクレジットカード払いのみのような支払いの制限もなく、楽天市場を利用する感覚でふるさと納税が行えるため一番おすすめしたいふるさと納税サイトです。

😈 ただし、上述の通り期間限定のキャンペーンを複数実施していますので、利用するとお得に寄付することができます。 また「思いやり型返礼品」とは新しい寄付の仕組みで、寄附をすることで「自分のためでなく誰かのためになる」返礼品や、「社会貢献に繋がる」返礼品になっています。

7
・いつも使っているブランドの製品なので、問題なし。 、…Amazonギフト券 コード• 「ふるさとチョイス」は2012年9月にスタートしたサイトで、数多くあるふるさと納税ポータルサイトの中でも、初期から運営されている、老舗のふるさと納税サイトになっています。

👏 貯まったマイルはポイントに交換したり、買い物に利用できます。 ただし、会員登録をすると色々なメリットを享受することができます。 返礼品の登録数も他のふるさと納税ポータルサイトと比べると圧倒的に多く、 一番情報量の多いふるさと納税サイトです。

マイページの使い勝手 ふるさとチョイスもさとふるも登録することでマイページを持つことができます。

😝 また、ふるさとチョイスは21万点以上の返礼品を掲載しているため、人気な返礼品や還元率の高い返礼品を探すのに苦労するという点もデメリットとしてあげられます。 。

3
「ふるさとチョイス」では、ふるさと納税のやり方を漫画で分かりやすく解説したり、自治体の動画コンテンツやインタビューレポートなどコンテンツが豊富なのも魅力の一つです。 「ANAのふるさと納税」は、クレジットカード決済 Yahoo! メールアドレスを入力します。

🤙 「ふるなび」は家電関係の返礼品が多い反面、他のジャンルの返礼品は「ふるさとチョイス」や「さとふる」に比べると少ないです。

20
3、地域活性化支援• これまでトラストバンクは、ビジョン実現に向けた様々な活動を通じ、地域への想いを持つ、多くの人や企業や団体との繋がりを創ってきました。

🤗 ふるさと納税サイトの老舗サイトであり、掲載されている自治体数や返礼品数の多さが魅力です。

13
家電の返礼品が充実• その中で感じたこと。

🙂 筆者も「チョイス限定」の返礼品を頼んだことがありますが、他の返礼品にくらべて量がお得な場合も多いです。 」企画・運営• 例えば「ふるなび」であればAmazonギフト券、「楽天ふるさと納税」であれば楽天ポイント、「ANAのふるさと納税」であればANAのマイルなどを通して、寄付金額に応じた独自の還元を行っているふるさと納税サイトが多くあります。

15
また、支払い方法のamazonpayを選択できるのは、ふるさとチョイスだけです。

🙏 ポイントの発行や管理、お礼の品との交換も「ふるさとチョイス」から行うことができますが、その反面「ふるぽ」から申し込もうと手続きを行うと「ふるさとチョイス」に遷移し手続きが必要になります。

6
他のサイトであれば、直接申し込みできる自治体数は限られています(大体100~200自治体)ので、よりお得な自治体を見つけようにも限界があります。 決済方法も充実していて、郵便振替、銀行振り込み、現金書留、納付書支払い、クレジットカード決済、コンビニ決済など様々な決済に対応しているのも特徴です。

🤐 …特集が豊富• 2020年2月18日時点のデータでは、 返礼品の掲載数は214,259点となっています。

20
福祉機器の開発、普及促進事業• ・お米の定期便は、精米したてのものが産地から毎月宅配便で届くので、美味しくてとても便利。 どちらもお気に入りの品の登録などが出来ますが、ふるさとチョイスでは登録された品から判断されたおすすめの品を教えてくれたり、自治体の最新情報などを得ることができます。