キャロウェイ レガシー アイアン。 キャロウェイ レガシーアイアン(2010年モデル)の試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

⚛ 打感は良くわかりませんが、良い音がしたときは、きれいに飛んでいきます。 ただ以前使っていたXフォージド2009. 最低が3000円なので、施設利用料500円をあわせると、3500円が最低料金。 新開発のカーボンシャフトは、ウッド同様にグラファイトデザイン社製を採用。

これでずいぶん気が楽になって、2打目からもナイスショットが続く。

🤔 重量も軽く感じる。 よりゴルファーの気持ちを高揚させるに相応しい完成度を実現しました。

2
5 25 28 31 35 40 45 51 56 ライ角 度 60 60. グリーン周りでの高いスピンコントロール性能を維持。 ・打ちやすい・やさしい軟鉄鍛造アイアンを求めているゴルファー・軟鉄鍛造アイアンのソフトフィーリングを求めているゴルファー・飛距離とコントロール性能の両方を求めているゴルファーシャフトシャフトGS95GS85M10DBフレックスS200R300UNI:SR相当クラブ重さ 5 401g393g418gシャフト重さ 5 97g88g110gシャフトトルク2. 掲載している製品・タイトル・画像・説明文などは、オークション出品者が登録した情報を各提携サイトから取得したものです。

😇 APEXより打感も良く、ロフトはほとんど変わらないが飛距離も出る。 X-Forgedとは違うと感じた。

1
Taper Tipシャフトを採用し、ヘッド機能を 生かしたコントロールショットが可能に。

🤜 自動配信メールを必ずご確認ください。 そこで思い切って、グリップをエリートのA50に変更。

心配したグリーンでの止まりやすさですが、代々落ちて1メートル以内には止まっています。

🐲 さらなる高弾道を生む、低・深重心化。

1
X-Forgedよりはシャープさに欠けるけど、許容範囲。 不思議だったのは、X-ForgedでM10DBシャフトを振ると、それなりに手応えのあるシャフトだと感じ個人評価していた。

♥ 詳しい納期はご注文後、メールにてお伝え致します。 M10と同じ気合いで振ると、左右にばらける。 ロフトが同じが確かめてみた。

10
フィーリングを向上させ打ちやすさを追求した軟鉄鍛造アイアンLEGACYシリーズとして2代目のアイアンとなる「New LEGACY アイアン」は、『打ちやすい軟鉄鍛造アイアン』というコンセプトを継承しながら、前作モデルを超える『ソフトフィーリング』を追求し、開発されたアイアンです。 高弾道で確かに打ちやすい感じでした。

☯ (もちろん自分が下手なせいもありますが…) このアイアンは上から見た感じも小顔でいい顔していますし、買って良かったです。 じゃ、おまえはどっちを選ぶの? ということになるのだけど。 柔らかめのラバー系に慣れてる方には滑る感覚になると思います。

15
ミドルアイアン以上のフルショットでは高弾道を、ショートアイアンやウェッジでは微妙な距離の調整が可能になります。 ニューレガシーよりも、ラフからでも振り抜きは良く、左への捉まり過ぎはないと思う。

💅 LEGACYはそのリクエストに応えるためにヘッド性能だけでなく、素材や製法を追求し、さらに高級感のある仕上げを採用。 0mmとやや強めのオフセット設計ながらネック周りをスムーズに仕上げることで構えやすさも向上。

4
また、フェースプログレッション約2. 従来モデルよりもフェースを大きくしながらも、同等以上の重心の深さを可能にする、きめ細かい設計を施しています。

😗 ・ミドルアイアンからショートアイアンは、新溝規制下でも前モデルのスピン性能を損なわないように、重心を少し高めに設計。 是非お試しください。 メダリオンはソール側およびフェースセンターにラバーを配置し、インパクト時の振動を効率よく軽減します。

9
5mm長くし、トゥ・ヒールにウェイトを最適に配分。 NS950の頼りなさはありません。