お 手 を 煩わ せる。 「お手を煩わせる」の意味とビジネスメールでの使い方、敬語、類語を例文付きで解説

⚓ ご迷惑をおかけした分今後はこれまで以上に努力して、仕事面でお役に立てるように頑張ります。 お疲れ様です。 いつもそういう意味を表せるというわけではなく、動詞との組み合わせによって、そういう意味にもなる、ということです。

7
「お手を煩わせる」の文例 「お手を煩わせる」を使った文例をご紹介します。 取引先企業の確認がほしい場合の「お手を煩わせる」 取引先企業とやりとりをするなかで、作業を進めるためには担当者の確認と許可が必要になってくる場面は多いです。

🍀 前者の使い方は「お忙しい中お手を煩わせるわけにはいきませんので、ご返信は不要でございます。 例文三: Thank you for taking the time to help me with this. また、「お手を煩わせて申し訳ありません」や「お手を煩わせることになりまして」などの敬語表現を続けて使うことが多い言葉にもなっています。

「骨を折る」には「嫌がらないで人の世話をする」の意味もありますが、「嫌がらず行動しているのか分かるのは当人だけ」なので「苦労や尽力をさせる側」が使える意味ではありません。 」が使われています。

😊 「お手を煩わせる」でももちろん問題はありませんが、メールや手紙では一々意味合いの説明を細かくできないこともあるため、伝えたいことが伝わりやすいように使う言葉を選ぶことも大事です。

17
「確歴」は on good authority 「確かな筋から」 にあたると思われます。 「わざわざチケットを取ってもらってあなたを煩わせなかったら良いけど。

😇 「お手を煩わせる」の使い方 「お手を煩わせる」はどのような場面で、どのような表現とともに使うのか、例文を用いて解説します。 自身の確認が甘く、誤った書類を作成してしまったことの謝罪にプラスして、確認不足の書類を渡したことで結果として上司に二度手間をかけてしまったことに対する申し訳ない気持ちを「お手を煩わせる」を使って、誠心誠意伝えるのが最善の対応です。

11
本当に骨が折れることを表しているわけではありません。

♻ お手を煩わせるの使い方 「お手を煩わせる」は、上記でも少し説明しましたが、相手に迷惑をかけたときや、何か頼み事をするときに使われています。 「面倒」の意味は「体裁の悪いこと、見苦しいこと」「物事をするのが煩わしいこと、手数のかかること」になります。

18
」というひとことを添えて、上司に改めて承認印を押してくれるよう依頼しましょう。

👏 頼みごとをする際に使う 他人に何か頼み事をする場合、どうしても気が引けてしまうというのは当然ですし、申し訳ないと思ってもいないと思われるのも避けたいところです。 前述でも説明した通り、相手に迷惑をかけた際や、相手に頼み事をする際に、自分の申し訳ないという気持ちを伝えるのに効果的な言葉になっています。

2
ちなみに接頭辞「お」と「ご」は同じ言葉(御)であり、意味的な違いはありません。