ミルン 式 共鳴 4 層。 【FF14】エデン零式共鳴編4層の攻略丨マクロ|ゲームエイト

🤩 Copyright C 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO. 扇状範囲の誘導 まず、最初に線が繋がった方向から ターゲットサークルにめり込むように待機して扇状範囲を誘導します。 鎖役が扇状範囲を誘導するので、それより前に出ない。

6
シヴァ頭上の玉の数で判断可能。

😊 形状的にスラストのときより安地が狭いのでフィールド外周にしっかり寄っておくことを意識してください。 とりあえずここのスキル回しについては• 砂時計 砂時計型は、2番と4番の対角が移動してチェンジします。 両方のグループがこれを意識していれば扇範囲があらぬ方向へ出る事故は防げます。

1
鎖が付いたらその場所のタワーに乗り、そうでなければ玉に備えましょうということです。

😊 これだけの解説を見れば単純明快に見えますが、 鎖持ちは「他のプレイヤー2名」とランダムで結ばれるという関係上、下左図のように北同士、南同士で線が結ばれてしまうことがあります。

15
それでは「初期配置」のポイントと2つの「ノックバンク無効バフ」の タイミングを見計らう方法を紹介します! 「ホーリーウィング」時の配置 (タンク)(タンク以外の3人)(スペース)(タンク以外の3人)(タンク)という配置になります。 ひとつは画像の2aのように全員が時計回りに回るというもの。

✌ ダイヤモンドダストからの一連の動き方詳細 ダイヤモンドダストからの技は全部続いているコンボ技のようになっているので、ここまでの攻撃技をまとめて一連の動き方について詳細を見ていきましょう。 蝶々型とも言います。

17
次に2つの緑の鏡の間の外周へ行く様に回避します。 カテゴリー• また占星術師についてはカードによるDPS貢献の割合が強く、 自分以外のジョブが強くなればなるほどにその貢献度も増していくので、パッチ5. 実はこのPTに一人クリア済みの人に手伝ってもらっていたのですが、クリアした時の達成感やら解放感やらで誰がそのジョブだったのかは覚えてませんすみません! 先にも言った通りDPSチェックが厳しいというのは実際に攻略していて間違いなさそうで、このクリアした時も 前半70%後半開幕のバフ付与状態で全員が死亡や与ダメージ低下などの大きなミスが一度も無かった中で時間切れまであと5~6秒というところでクリアというようなかなりギリギリの戦いでした。

🤑 他にも自分が経験した事や、そこから学んだ事などを書いていくつもりです。 TEST1. 2回目の塔を処理した後は、扇を1回くらうために近づいて誘導します。 一番詰まってしまったポイントとしては戦闘の後半あたりにあるギミックの「 コンフラグレーションストライク」でしょうか。

ただそれでもほんの少しという程度ではあるので、火力面だけで見ると格差は無いように見えるので、そういう意味ではどのジョブを採用しても問題にはならないのかなと思います。 これは砂時計型に付いてしまったパターンです。

💕 TEST1. こういった細かいすり合わせについても1つ1つ丁寧に確認していけばどれも特別に難しいということはないように思えます。 (偉そうなことを言っておきながら自分もミスしてしまうことも) PTが壊滅してしまうギミック処理のポイントは? この共鳴編零式4層については各所で光の暴走で練習、クリ目に関わらずに詰まってしまうと言われているようですが、それは実際に攻略していても確かにここで詰まることが多かった気がします。

9
玉担当の人は光の波動を誘導した後、即座に移動を開始。 2回のノックバックを完全無効化しているため、近接職もシヴァの近くで 攻撃し続けることが可能となっています。

👊 初クリアまでの事、とにかくギミック処理のミスが多い印象が ここまで長々と語ってしまってますが、結局のところとにかくギミック処理のミスをしてしまう人がとても多かったというのが正直な印象です。 時間にして30秒程度ではありますが、これらのギミック要素をすべて処理していく必要があります。 効果時間10秒。

20
自分の真横の人とは鎖が付いていないのです。

☭ が、色固定と赤固定の勢力が拮抗してしまっている現状なので両方補足しておこうと思います。 4マーカー : タンク このようにしています。

5
記事の下部で紹介させていただきます。 光の暴走の具体的な処理方法についての詳細 光の暴走は処理方法がいくつもあるのですが、この記事ではいわゆる「 あやとり式」というやり方を例に解説していきます。

😊 私がクリアした時にはもう4週目ということもあって装備が揃っているということもありそんなにヤバいくらい厳しいとまでは感じませんでしたが、それでもクリアした時には時間切れギリギリだったので本当に厳しいということに間違いはなさそうです。 YouTubeやってて登録者が現在4800人くらいいます。 1回目の扇状範囲は玉役が誘導してくれるので、 AoEが消えたら移動開始です。

9
一番最初に使ったのがスラストであれば、ここでは必ずスラッシュになります。 自分は下図の通り あらかじめ斜めの真心ライン上で待機して、そのラインをまたぐように最小限の動きで避ける方法をおすすめします。