Zoom 無料。 Zoom Meetings

👍 テレワーク社員とのコミュニケーション手段 テレワーク社員とのコミュニケーション手段がないと報連相と呼ばれる業務上のやりとりが行えません。 ミーティングを開始するをクリックします。 1対1のミーティングはもちろん、グループミーティング、画面共有、録画機能など、細かな便利機能もすべて無料でOKだ。

通話時間が40分経過しても接続が切れないので大学の講義などに活用されていましたが、現在はZoomほかオンラインの手段が普及していることもあり、この支援サービスは終了しています。 さらに、最先端テレワークを実践している様々な企業のビジネスパーソンたちへの密着取材で、効率良く仕事をこなすノウハウも紹介します。

☝ ビデオ通話が安定している• つまりこれまではただの白い業務用会議室で行っていたミーティングをロゴなどで飾られたオリジナルの会議室で行う事ができるといった感じでしょうか。

12
例えば、• Zoomの有料プランなら時間制限がない Zoomでは、再接続により連続してビデオ通話ができます。 ビジネスプランも、追加オプションでクラウドの容量、会議の参加人数の拡張が可能。

🤪 ) なお、録画(レコーディング)機能を使えるのは、主催者または主催者から許可を受けた参加者です。

Zoomクラウドミーティングアプリが立ち上がったらインストール完了です。 アップロードをクリックしてください。

🙃 3人以上のWeb会議を頻繁に行うという場合、プロプラン以上の有料版に登録するのがベストです。

3
2人でWeb会議を行っている 3人以上でのミーティングが時間制限対象 これに加えて、先ほどご説明したように参加者が無料ライセンスだが、ホストが有料版ライセンス契約をしているのであれば時間制限を受けません。 Web会議が終わるとレコーディングファイルがmp4形式でパソコンに保存されます。

😗 ホストが有料ライセンス契約をしている• 念のためプランを確認しておきましょう! 設定画面の名前の横にプラン名が表示されます。 ビデオ通話で参加できない人もチャットで意見交換することができます。 月額2,700円を支払うことで「基本(無料版)」「プロ」「ビジネス」の機能に加えて、次の機能を利用できます。

16
1対多数でもミーティング時間に制限なし 1対多数のミーティングについて、無料プランでは40分に制限されていたが、有料プランなら時間は無制限だ。 今後「オンライン上での複数人でのミーティング」「ウェブ上でのセミナーやレクチャー」「オンライン飲み会」をやろうと考えるなら、有料プランを検討したほうが良いだろう。

⚒ ただ、 「無料で一体どこまで使えるんだ…?」 と疑問に感じられる方もいらっしゃることでしょう。

その点で言えば、無料版の「40分まで」という時間設定は本当に絶妙。 Zoomのビジネスで利用できる機能 同時接続 Web会議の同時接続は、最大300人となります。

☣ Macにログインするときに利用する「ユーザー名」と「パスワード」を入力してから「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

3
無料版のZoomを使っていて勝手に有料ライセンスに切り替えられることはありません。