確定 申告 作成 コーナー。 所得税の確定申告|国税庁

👣 1)所得税の確定申告書の作成 ・年末調整をしなかった人(所得のない人は不要) ・年末調整をしたけど、副業などの所得が20万円以上ある人 ・ 医療費控除を受けたい人 ・住宅ローン控除を受けたい人(初年度のみ) ・ふるさと納税などの、寄附金控除を受けたい人 ・事業所得、不動産所得、退職所得がある人 ・所得が年金 国民年金、企業年金、個人年金等 のみの人 など。 所得税以外の消費税や贈与税などの提出・納税期間について詳しく知りたい方は、『』をご覧ください。

16
問題がなければ「利用規約に同意して次へ」をクリックします。 「税金の計算」欄に記入 ここまでとりまとめたら、下記のように、税率が課される正しい所得金額を計算できます。

✋ 確定申告は、原則として申告年度の翌年2月16日から3月15日までに行います。

5
また申告する年度も選択できます。

😝 「囲み英数字」• ) 確定申告期以外の期間 月曜日~金曜日(休祝日及び12月29日~1月3日を除きます。

ご自身の機種が対応しているかどうかは『』から確認しましょう。 目安となる所得は、自営業などと同じ38万円。

☏ 忘れずに行いましょう! 以上が、おおまかな確定申告書等作成コーナーを利用した確定申告書の提出&納付の流れになります。

1
もっと便利に! スマートフォンやタブレット端末からでも納税証明書の交付請求が行えます(税務署窓口で受け取れます。 国税庁の指定する「」にアクセスし、税金の種類、納税額、クレジットカードの支払い情報を入力するだけでカンタンに納税が完了します。

🌏 ・申告できるのは所轄の税務署のみ(自分の住む市区町村で異なる) ・申告書作成会場は、税務署によって異なる(市庁舎などの場合も) ・確定申告時期は混雑必至!時間に余裕をもって行く ・開庁時間に注意!受付を早く締め切る場合もあり などなど。 2-1.画面に表示された項目を入力していくだけで書類が完成する 確定申告書等作成コーナーを使うメリットは、なんといっても書類の作りやすさです。 ・ご利用になれない方 ・作成できる書類 ・入力に必要な書類 ・入力事例(作成の手順) ・データの保存・読込 各コーナーに用意されているので、 困った時はリンクをクリックして確認ができます。

確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要な書類を用意したりする必要があります。

🖕 個人の方が、所得税や消費税の確定申告書、青色申告決算書や収支内訳書、贈与税の申告書を作成する場合は、「」を利用してデータを作成することができます。

18
段取りよく確定申告を済ませるためのコツを紹介 節税の方法を色々と知ってはいても、実際に申告書を提出しなければ節税には結びつきません。