シータ ビート。 【デュエプレ】【話題】現在の環境最強ってシータビート??⇒シータってボルコンに有利とは思えないんだが…

🤙 デュエプレが始まって約1か月ほどしか経っていないので、環境が安定していない それでも最近マスター帯の環境の変遷は落ち着きつつある のもあって、最終的にこの構築がすべて正解とは言い切れませんが、とりあえずこの40枚を使っておけば弱いことはないと思います。

11
灼熱波 トリコビートや青単クリスタル・ランサーのようなビートダウンと対面した時、相手のほぼ全てのクリーチャーを盾1枚と引き換えに焼き尽くす事ができる。

⌚ ターボ型の回し方 1 や でマナ加速 シータビートは大型獣の早期召喚でゲーム中盤からビートを仕掛ける事を目的としたデッキのため、序盤のマナ加速が非常に重要な要素となる。 《特徴》 まず、シータビートとはそもそも何かというと、シータカラー、つまり水、火、自然文明で組まれたデッキのことであり、水文明によって安定したドロー、火文明による強力なフィニッシャーやスピードアタッカー、それらの動きを加速するために自然文明を採用しマナブーストすることによって、対戦相手より先に強力なカードをプレイすることで勝ちを目指していくデッキです。

5
こちらもフェアリーライフ同様、後半腐りがちですが4枚必須カード。

📲 シータビートを簡単に対策するのであれば、速攻デッキを使うと手っ取り早い。 シータメイデンについて 4弾環境におけるシータメイデンの相性表は大体こんな感じ。

8
今回はデッキタイプごとの勝敗数を記録しなかった。 2マナ圏も、《メイデン》の種と《スパイラル・スライダー》で十分だと考えている。

😂 《メイデン》で《リーフ》のパーツが落ちてしまうが、大丈夫なのだろうか。 ただしこいつ自身のカードパワーは絶望的に低い故このデッキでは7マナ貯まってから出すことになる事が多いだろう。

13
また二角の超人からマナに落ちた二角の超人を回収して連打したりなど、とにかくアドバンテージの塊です。 ただ、バイノーラルビートに似た ヘミシンクという技術では、意識をトランス状態 意識が極限まで集中した状態 に持っていって幽体離脱させる、という話も出てくるので、そこに入っていくと危ないかもしれません。

☏ 青単色のカードが多くなるので、構築時には色バランスに細心の注意を払わないといけない。 このデッキの火文明は7割こいつのため。

3
環境を支配しているデッキの片方に明確な有利、片方に五分。

😁 革命チェンジの裁定の変更によりバトライループはできなくなりましたが、デッキのメインのギミックではなかったため、あまり大きな影響はありません。 バイノーラルビート治療をサポートする研究はありますか? Vincent Giampapa博士が行った19人の参加者の小規模な研究の1つは、アルファ、シータ、デルタパターンにおけるバイノーラルビート療法の使用が人体にプラスの効果を及ぼすことを発見した。

10
ただ被ると非常に弱いカードであり、刺さらない相手にはとことん刺さらないので一枚採用です。

☯ バイノーラルビートに脳波が同調することも研究でわかり、脳梗塞の治療に使われたりもしているようです。 ・ナチュラルトラップ このデッキのシールドトリガー枠その3 こちらもアクアサーファー同様、強力なシールドトリガーです。 パワー負けしまくるに対して、一矢報いることができるかもしれない。

1
ランクを上げていけたのは、上級者のデッキ構築をそのまま真似したからです。

❤️ 光文明に邪魔されている場合は「ガルクライフ・ドラゴン」で一掃して盤面をこじ開けよう。 関連カード 一角魚などの単体確定除去が有効 「二角の超人」などでリソース補給を図ってきた際に「一角魚」や「デス・スモーク」などの軽コストで単体確定除去を行うカードが有効打となる。 ・アクアハルカス 3マナパワー2000、効果はワンドローのみとシンプルですが、本家デュエルマスターズでは長い間制限カードだったアクアハルカス。

7
「ウインドアックス」は相手ブロッカーを破壊しながらマナブーストで次ターンの大型獣へ繋げることが可能。