吉祥寺 オデヲン。 €Œ‰腑ュ� 掩€REIƒ›ƒ†ƒ�€菴‘€Œ‰腑ュ�‚�ƒ‡ƒ蚊ƒ潟€с€ŒŠ‡�雁‰ˆ 薔惹 �ˆƒ „♂™ˆ—荵Š膩�€‚’ƒ�‚ゃƒˆ‚激ƒсƒ若у�ƒ

💕 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

5
1959年(昭和34年)までには、吉祥寺東宝(のちの、現在の吉祥寺本町1丁目23番)、(現在の吉祥寺本町1丁目5番)、武蔵野シネマ、吉祥寺名画座(のちのテアトル吉祥寺、、現在の吉祥寺本町1丁目22番)が加わり、増減あって合計では10館になった。

🤐 - 、1947年(昭和22年)・1963年(昭和38年)の航空地図(前者は更地). ムビチケも1,400円で鑑賞できるのでおすすめですが、上映期間内に見に行かないといけないので気をつけましょう。

10
誕生月内は映画鑑賞料金が1,200円になるという素晴らしいサービスです。 - 「港町キネマ通り」(2014年5月取材の記事)• 同館では、たとえば1956年(昭和31年)3月26日からの週には、前年1955年(昭和30年)12月23日に日本で公開された『』(監督) 、同じく前年11月1日に日本で公開された『』(監督) を二本立てで上映している。

🤣 同館が開館する前の吉祥寺地区、とくに前の同地区に存在した映画館は、1926年(大正15年)前後に、井の頭公園通り(現在の)に吉祥寺館として開館した(大字吉祥寺2047番地、現在の吉祥寺本町1丁目8番)のみであった。 そんな時は、 の割引を利用することをおすすめします。 会員特典の利用方法も簡単で、会員登録後にスマートフォンからマイページにログインし、トップページの中部あたりにある 「WEB会員証」ボタンをタップすると、携帯会員証が表示されます。

9
複数スクリーンの時代 [ ] 1978年(昭和53年)、同館を休館、建て壊して改築し、同年10月、同館の跡地に 吉祥寺東亜会館を新築・開業、同会館内に 吉祥寺松竹オデヲン(地下1階、のちの 吉祥寺松竹、 吉祥寺オデヲン座)、 吉祥寺スカラ座(3階)、 吉祥寺セントラル(5階)、 吉祥寺アカデミー(2階、のちの 吉祥寺東宝)の4館を新たに開館、1階には 吉祥寺ゲームセンターを開業、東亜興行が直営した。 - 経営元の公式ウェブサイト• 経営 :• レイトショー 20:00以降1300円• 『日本映画年鑑 大正十三・四年』、、、1925年発行• すでにエポスカードを持っている方は、提示するだけで割引が適用されるので非常にお手軽です。

⚔ 「吉祥寺オデヲン」の通常料金を確認 まずは「吉祥寺オデヲン」での映画1本の正規料金を確認します。 東亜興行の現在経営する唯一の映画館事業場である。 『映画年鑑 1977 別冊 映画館名簿』、時事映画通信社、1977年• 1981年前後 - 吉祥寺松竹オデヲンを 吉祥寺松竹、吉祥寺アカデミーを 吉祥寺アカデミー東宝と改称• 2階 : 224名(2013年 ) - かつての吉祥寺東宝 概要 [ ] 1956年(昭和31年)3月に発行された『吉祥寺オデヲンニュース』第82号の表紙。

2012年1月21日 - 同会館内の全4つの映画館を 吉祥寺オデヲンと統一して改称• それをスタッフの方に見せればOKです。

♨ レイトショー 20:00以降1300円• 沿革 [ ]• 1981年(昭和56年)前後には、吉祥寺松竹オデヲンを 吉祥寺松竹、吉祥寺アカデミーを 吉祥寺アカデミー東宝と改称、それぞれ松竹系・東宝系の新作を公開するロードショー館として機能した。 吉祥寺東亜会館 [ ] 吉祥寺東亜会館(きちじょうじとうあかいかん)は、日本の総合レジャービルである。 夫婦50割引 2400円• サービスデー 毎月1日、毎週水曜日1200円• 地下1階の映画館跡には1階同様、パチンコ店「オリエンタルパサージュ吉祥寺」が入居している。

11
特別割引料金を狙って利用する すでにご存知の方も多いと思いますは、ある特定の条件を満たせば割引料金で映画を鑑賞することができます。

⌚ 所在地 : 2丁目3番16号 吉祥寺東亜会館• このころには吉祥寺名画座がテアトル吉祥寺(のちの吉祥寺ピカデリー)、吉祥寺東宝が吉祥寺ロマン劇場にそれぞれ改称していた。 参考文献 [ ]• 1978年(昭和53年)10月、が新築・開業した。

19
『日本映画事業総覧 昭和三・四年版』、国際映画通信社、1929年発行• 3階 : 249名(2013年 ) - かつての吉祥寺スカラ座• この記事の目次(もくじ)• 『映画年鑑 昭和十七年版』、、1942年発行•。