郷土 の 森 博物館。 プラネタリウム|公益財団法人府中文化振興財団

😆 2月25日、3月5日の11時30分は、授業等の団体投映のため一般のお客様はご覧いただけません。 2s linear;-moz-transition:opacity. マスク着用などのお願い ご観覧前に下記リンク「プラネタリウムでの感染症対策のご案内とお願い」をご確認ください。 こうした古いタイプのものは都内では他に現存していません。

11
水位の低い土地における井戸の工夫を見ることができる。

🐝 「即位礼正殿の儀慶祝 プラネタリウムご招待券」(有効期限が2020年3月8日(日曜日)まで)• 令和3年1月13日 お知らせ• 越智家のある旧 芝間村 しばまむら(府中市南町6丁目付近)は府中市の南部、立川 段丘 だんきゅう 崖 がいの下(ハケ下)に広がる水田地帯の村で、現在の郷土の森博物館はその東側に隣接しています。

17
から車で 4 京王線府中駅・分倍河原駅からちゅうバスで(南町・四谷循環「南町2丁目」または「芝間稲荷神社」下車約6分• 関連情報• 変わりゆく府中• ご了承ください。 「プラネタリウムリニューアル10万人達成記念 プラネタリウムご招待券」(有効期限が2020年8月30日(日曜日)まで) プラネタリウム観覧料 大人600円、中学生以下300円(博物館入場料が別に必要です)、4歳未満無料• 「ロウバイのほかにも早咲きのウメなど冬ならでは風情を愛でながら、静かにゆっくり散策を楽しんで」とも。

🤘 これまで市の施設の利用料金は、皆さんの負担増にならないよう、長年据え置いてきましたが、施設の老朽化に伴い、維持管理費は年々増加してきました。 。

13
建築年代 - 明治初期• また、やすらぎ亭近くの木道でネコヤナギがかわいらしい姿をみせ、やすらぎの池南側ではハナモモが咲き始めました。

☺ 5倍を上限として改定します。 天文展示コーナー• 令和3年2月20日 ニュース• 2s linear;-moz-transition:all. 旧所在地 - 東京都府中市是政• 3月6・7日の15時30分は特別投映のため、通常投映はありません。 企画展示室• 5月から6月にかけてはアジサイがそこかしこに咲いていて、見ごたえあり。

9
ウメ(梅園西側雑木林から望む) ウメ(旧郵便取扱所付近) ウメ(梅園中央付近) サンシュユ(ハケ下付近) マンサク(河内家東側園路付近) ウメ(水遊びの池北側園路付近) ウメと庚申塔(平右衛門広場付近) ウメ(梅園中央付近) ウメと富士山(梅園東側付近) ウメ(旧郵便取扱所付近) ウメ(梅園中央付近) ウメ(梅園西側付近) ウメ(平右衛門広場付近) マンサク(河内家東側園路付近) マンサク(河内家東側園路付近) ネコヤナギ(やすらぎ亭木道付近) ネコヤナギ(木道付近) サンシュユ(平右衛門広場付近) サンシュユ(平右衛門広場) ハナモモ(やすらぎの池南側付近) ハナモモ(やすらぎの池南側付近) 四季折々の園内花ごよみ 1月~2月 梅・ロウバイ・マンサク・福寿草・水仙 3月 梅・水仙・福寿草・サンシュユ・クサボケ・カタクリ・ハナモモ 4月 桜・ヤマブキ・ユキヤナギ・ハナミズキ・ツツジ ・キンラン・ギンラン 5月 キリシマツツジ・オオムラサキツツジ・ムサシノキスゲ・アヤメ・ヤマボウシ 6月 アジサイ・サツキ・シモツケ・キンシバイ 7月~8月 ネムノキ・スイレン・ユリ・サルスベリ・ハギ 9月~11月 ハギ・ヒガンバナ・キンモクセイ 12月 サザンカ・ロウバイ・ツバキ. 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては変更になることがあります。 気付いたときにはもう上映スケジュールの後半戦に入ってましたが、地元なので平日ならギリギリでも間に合うだろう…… とようやく見てきました。

⚠ 詳しくは、上記リンク「プラネタリウムでの感染症対策のご案内とお願い」をご覧ください。 single-chevron-down-circle-fill,DIV. 3s ease-in-out;-ms-transition:all. 旧所在地 - 東京都府中市南町 旧三岡家長屋門 [ ] 是政村名主三岡家分家の建築物であり、総塗り込め蔵造りの形式という珍しい形式の。 1961年(昭和36年)2月23日指定。

7
国府から府中へ• その他にも、秋の紅葉や萩の花が楽しめるようです。

😂 1996年(平成8年)4月8日指定。 博物館本館 - をデザインとした。

8
資料の展示などをしている二階建ての本館を中核としてを併設し 、府中市域の中期から初期のを移築復元して保存している。

☘ (建造物) 旧田中家住宅 [ ] 幕末から明治期の店で、の代表的な大店。 有形文化財• 5s infinite linear;-webkit-animation:spinAround. 入館料は、一般=300円、中学生以下=150円、4歳未満および府中市在住の中学生以下・市内の小中学校に通っている児童や生徒は「学びのパスポート」利用で無料。 一作目と映像を合わせた77分の劇場版も作られているようで、興味のある方はチェクしてみてはいかがでしょう。

6
旧所在地 - 東京都府中市宮西町• 高倉古墳群出土銀象嵌大刀その他(考古資料) - 1994年(平成6年)2月25日指定。 玄関側はウィンドウをもつ洋風下見板張りの2階建て。