不 飽和 脂肪酸。 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い!体に良い脂と体への作用比較

⚔ オリーブ油は、リノール酸の含有量が少ないので、アレルギー体質の人には、リノール酸の含有量が多いサラダ油などよりは、健康に良いかも知れないが、肥満で、が必要な人は、控えた方が良いと思われる。

6
n-6系とは、メチル基の方から調べて、最初に存在する二重結合が、n-6の炭素(C-13)とn-7の炭素(C-12)の間に存在する多価不飽和脂肪酸のこと。

✊ これは、不飽和結合が酸化されやすい性質を持つためで、不飽和結合を多く持つ多価不飽和脂肪酸の方が酸化されやすいのである。 過酸化脂質は、細胞膜を障害したり、動脈硬化の発症に関係する。 トリグリセリドは、トリグリセライド、 、とも呼ばれる。

14
C18:2(リノール酸)、C20:4(アラキドン酸)、C20:5(EPA)、C22:6(DHA)は、摂取した脂肪酸の量より、血清脂肪酸の量が多い(血中に蓄積し易い)傾向がある。

🤐 いくつかの研究で、この飽和脂肪酸を豊富に含む食品を、多価不飽和または一価不飽和脂肪の多い食品に置き換えるとコレステロールが減少することがわかっています。 絶食時(飢餓時)や、糖尿病では、インスリン分泌不足の為、 ホルモン感受性リパーゼ( HSL)活性が上昇し、血液中の遊離脂肪酸(FFA)濃度が、上昇する。

10
4.不飽和脂肪酸を摂取すると、コレステロールが低下するが、酸化LDLは増加する 食事でを摂取すると、血清中のコレステロール(と)やが低下する。 その裏返しとして、EPAの過剰な摂取により出血傾向が現れることが指摘されている。

🐝 特に不飽和脂肪酸の中でもDHAは優秀で記憶力の向上、視力工場、精神安定、美肌効果など様々な効果が期待されています。

また、末梢組織の を高める作用がある。

🤜 C 17H 25CO 2H、IUPAC組織名 5 Z,8 Z,10 E,12 E,14 Z -octadeca-5,8,10,12,14-pentaenoic acid、数値表現 18:5 5,8,10,12,14 , n-4、分子量274. アラキドン酸• CAS登録番号 463-40-1。 脂肪細胞では、トリグリセリド合成に必要なアシル-CoAは、 により生成された遊離脂肪酸や、グルコースが解糖されて生成されるアセチル-CoAから生成される:ヒトの脂肪細胞では、後者のアシル-CoA(グルコースが解糖されて生成されるアセチル-CoAから生成される脂酸)は、極めて少ない()。

16
つまり動物性の脂肪は過剰摂取しないことが大事で飽和脂肪酸はあまり良くない脂質なんですね。

🤪 エライジン化 [ ] オレイン酸などcis型不飽和脂肪酸を、、などを作用させて(付加と引き続く脱離反応で)融点の高いへと変換することを Elaidinization と呼ぶ。 不飽和脂肪酸のうち、二重結合を一つもつ物質を「一価不飽和脂肪酸」、二つ以上もつ物質を「多価不飽和脂肪酸」といいます。

17
みっち: あ~あ、みっちのお寿司、いちばん好きなのを取っておいたのに…。

🤜 つまり、オレイン酸は炭化水素基のなかに炭素の二重結合があるため、「不飽和脂肪酸」ということになります。 ハチロー博士: 残念だったね。

15
みっち: ふーん、脂肪酸も、種類によって性格が違うんだね。

♨ 多価不飽和脂肪酸。

11
最近は、脂肪酸の炭素の二重結合の場所は、n-系を用いて、例えば、リノール酸は、(6,9)と示す:炭素n-6とn-7の間と、n-9とn-10との間に、二重結合があることを意味する。 遊離脂肪酸は、両親媒性の為、大量に存在すると、洗剤作用(界面活性作用)により、細胞膜を溶解させ、細胞を破壊する。