コロナ 予言 1982。 コロナの預言者まとめ!アキラ、イルミナティカード、松原、ノストラダムス・・・

💕 中国は、アメリカが作った生物兵器だと国営放送を通じて主張。 映画版を軽く観ただけだった、とか。 たとえば、いま日本の原発はすべて廃棄されていない。

東急文化会館は、およそ47年にわたって、あの地にあった。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。

🤟 そしてパルコのオープニングには、 『AKIRA』関連の展覧会もおこなわれた。 それは、直接人と会わずに済む世界に移行し、究極的にはSEXが奪われ、デザイナーベビーによって人口統制が行われる社会に繋がっていきます。

9
「『Combined Disasters(複合災害)』のカードには、時計台が崩れ落ち、炎が上がる中を逃げる人たちの姿が描かれていますが、その時計台が東京・銀座にある和光の時計台とそっくりなのです。 各国の医療陣はHIV治療剤や漢方薬などで新型コロナウイルスを抑えようと努力している。

🤙 それをイルミナティカードは、既にこの新型コロナウイルスのパンデミックを予言していました。

1
ほとんどの人が、ヒラリー・クリントンが次期大統領になると思っていたはずです。 「3人の巨人」の団結とは? ババ・ヴァンガ予言の希望 ノストラダムスの予言は病禍のみならず社会的な混乱も読み取れるが、ここで、1996年に亡くなったブルガリアの予言者ババ・ヴァンガの予言を紹介しよう。

🤜 このイルミナティカードは、トランプ大統領の出現だけでなく、トランプ大統領の性格・発言傾向まで予言していたことになります。 これを受けて予言が外れたというならばそれで良いのだが、 オリンピックが東京に決定してもなお、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」とブログに書いていました。 これを20ドル紙幣と同様、飛行機の形に折る。

12
東京オリンピックを迎える夏の前に新型コロナウイルスの騒動が収束してくれること願うばかりです。 イルミナティカードとは、1982年に発売されたカードゲーム。

😩 つまり大不況、地価暴落、東京から人がいなくなる……といった形での「都市機能の崩壊」ならば、無理なく想像できることだ。 さらに、イルミナティカードはイルミナティが裏で手を引いていて、世界はイルミナティが動かしている・支配しているのではないでしょうか。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。

4
看板には「開催迄あと147日」とあり、こちらにも「中止だ中止」に加えて「紛砕」という落書きがなされている。

😆 また、東日本大震災や熊本地震の予言を的中させたとされる未来人2062も新型コロナウイルスや東京オリンピックの開催について予言が出てきてますので下記にまとめてました。 一時的な威厳でミサはうまくいく。 愛称はラブちゃん。

19
ただカードのタイトルは「Epidemic」と書かれています。 ゆうたろう タレントのゆうたろうさん。

😈 そして今回のコロナ騒動や東京五輪延期も予言していたとか…!? 予言内容 まず上記に載せているLab Explosion 実験室爆発 のカードに記されている爆発の形が武漢経済圏の形に似ており、赤くなっている部分が武漢市の位置に見えると言われています。 こちらのカード、 世界を震撼させてきた多くの災害や事件を予言していると話題になっています。 クーンツは米国のベストセラー作家であり、スリラー作家の大家として評価されている人物。

「二発目」が炸裂することを予想しないほうが、どうかしている。 つまり、新型コロナウイルスの収束は難しく、共存していくか、あるいは12月にウイルスが新たに変異する可能性さえあります」 だが、「ウイルスをネットワークと関連づければ、12月にサイバーテロによって情報漏洩や情報のリセットによって国がパニックに陥ることも考えられます」と言うように厄災は病気系ウイルスだけに留まらない。