竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 品詞 分解。 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』解説・品詞分解(1)

😀 (それなのにあなたは)『かた時(わずかな期間)』とおっしゃるので、疑問に思いました。 当然、これは竹の生育地域と重なる。 浦島太郎と同じである。

斯く(かく)=副詞、このように、こう おはし=サ変動詞「おはす」の連用形、「あり・居り・行く・来」の尊敬語。

⚓ 平安時代、女性は成人(十二、三歳ごろ)すると、髪を結い上げた。 「うつぼ物語」と対決します。 動作の主体である天人を敬っている。

3
8.王と翁の認識の違いを考える。 ・貴=身分が高いことと、容姿や振る舞いなどが上品で優美なさまを表す。

👈 ・いつく=1 心身を清めて、神に仕える。 かぐや姫が月に帰ったシーンを結末にするのではなく、結末は、そのあとの地上の人たちの、あきらめたあとの行動を結末にしているのである。

7
なり(四用)ぬ(完了止) 4 「のたまふ」の敬意は。 2 (反語)どうして~か。

✇ 中国四川省西北部に、アバ・チベット族自治州(チベット高原・カム地方東北端)という所がある。 見捨て奉りてまかる空よりも、落ちぬべき心地する。

1
ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。

⚠ 「石上麻呂」• 焼いても燃えない布。

13
「立つ」はタ行下二段動詞でもあり、その時は「立てる、立たせる」という意味になる る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 似=ナ行上一動詞「似る」の未然形。 背景思想的にも、素朴な天女昇天のベースの上に、道教思想を深く吸い込んで神仙峡を「月」世界と見立て、さらに仏教的な輪廻や因果応報思想の香りまでうっすらと漂わせている。

😉 (さらに)「ここにいらっしゃるかぐや姫は、重い病気を患っていらっしゃるので、(外に)出ていらっしゃることはできそうもありません。 恋しから=シク活用の形容詞「恋し」の未然形 む=婉曲あるいは仮定の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。

8
翁は、気分が悪く苦しい時も、この子を見ると、苦しい気持ちもおさまってしまう。

😚 面目をつぶされた「車持皇子」は、帰り際腹いせに職人たちを待ち伏せし暴行を加えるという始末。 そのため手下の匠(たくみ)たちに「蓬莱の玉の枝」そっくりの枝を作らせた。 「車持皇子」が「藤原の不比等」だといわれるわけは、不比等の母が「車持氏」一族の人であったこと、また5人の中で一番卑怯で姑息な人間として描かれていることからも、うかがい知る事ができます。

14
(4)竜の頸の珠 「竜の頸の珠」は、文字通り、 龍の首元で光る玉のことです。

👊 そんな物を取りに行くなんて、まさに命がけの所業ですよ。 船は漂流し、大納言は、船頭から、嵐が竜の仕業であることを知らされる。 動作の対象である竹取の夫妻を敬っている。

9
給ひ(尊敬。