保 元 の 乱 平治 の 乱。 保元の乱

☢ 父がと対立して失脚したのち関白に任ぜられました。

はとによる日本の支配権をめぐる争いでした。

👌 崇徳は今は亡き忠盛が重仁親王の後見だったことから、が味方になることに一縷の望みをかけたが、重仁の・は崇徳方の敗北を予測して、子のに清盛と協力することを命じた(『愚管抄』)。

5
7月11日、義朝、清盛らの大軍が上皇の立てこもる白河殿を攻撃すると、わずか2、3時間の戦闘で上皇方は敗退した。

🤲 側が武士を呼び寄せ、追い詰められたは挙兵せざるを得なくなります。 また、後白河派としても信西が伸びることは後白河天皇が行おうとしていた院政の邪魔になると考えるようになり、信頼を中心にして源氏を取り込み信西に対抗するようになります。

14
また、藤原信頼は後白河天皇の家臣として台頭していったことに信西が茶々を入れていたことに不満を持ち、この両者はタッグを組んで信西を潰すクーデターを起こそうと計画しました。 源氏と平氏以外にも、後白河上皇派と二条天皇派、後白河上皇派の中でも信西と藤原信頼も対立を深めていきます。

♨ 源氏やは朝廷・貴族に仕える立場で、それぞれの主のために戦います。

の武士• 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。

🐲 1307-1308• 改元 [ ]• 刑罰は悪を懲らしめる基本である。 この時点では、後白河法皇にお咎めはありませんでしたが、この事件で、後白河法皇と平清盛の間の不和は決定的になるのです。

頼長の敗北を知った忠実は、宇治から南都(奈良)へ逃亡した。 しかし忠実は、当初から頼長と並んで謀反の張本人と名指しされており、は罪人と認識していた。

👊 攻めあぐねた天皇方は新手の軍勢として頼政・重成・信兼を投入するとともに、義朝の献策を入れて白河北殿の西隣にある藤原家成邸に火を放った。 源義朝vs平清盛 「源平合戦」のきっかけとなった1156年(保元元年)の「保元の乱」は、崇徳上皇と後白河天皇が皇位継承をめぐる争いに、源氏と平氏の武力を利用した政変です。 政権から追われつつあった頼長は一発逆転を狙わざるを得ない立場となっていたのです。

その結果、武士が力を持つようになり、のちの武家政権へと繋がることとなります。 990-995• 保元の乱以降信西どんどん権力を得ていき、さらに平氏と政略結婚を通じて関係を強化していきます。

⚐ のちに争うことになる源義朝と平清盛は、この時点では味方として後白河天皇方に付き勝利。 1741-1744• 1131-1132• 頼長の養子• 登場人物についてより深く知りたい方は、『』がオススメ!やについてもわかりやすく描かれています。 976-978• 為義の八男• 1615-1624• 999-1004• 信西を敵とみなした源義朝が、藤原信頼ら反・信西派と結びついて起こしたのが平治の乱だと言われています。

6
1044-1046• 倶利伽羅峠の戦い 木曽では木曽(源)義仲が挙兵し、それを討伐するための平家軍と加賀・越中国境の倶利伽羅峠で戦い義仲軍が勝利して京に入洛する。

😂 …武蔵の武士。

しかし、3年後の ではに敗れてしまいました。 戦いは側の勝利に終わります。

🍀 姉のはの乳母• 上皇方の中心人物とみなされた教長は厳しい尋問を受け、「新院の御在所に於いて軍兵を整へ儲け、国家を危め奉らんと欲する子細、実により弁じ申せ」と自白を強要されたという(『兵範記』7月15日条)。 家弘の弟• その3年後、勝った( 後、は退位してとなりました)の側近たちの内輪もめが原因でおきたのが です。 『平治物語』では内裏を警護する信頼派の武士が車の中を改めたところ二条天皇を女房と見誤ったとあるが、『愚管抄』では特に怪しまれずに車が出たとある。

931-938• 後継者としては崇徳の第一・が有力だったが、忠通は美福門院の養子・への譲位を法皇に奏上する。