ダイナマイト 発明。 偶然を活かした偉大な発明家 10人

☕ アルフレッド・ノーベルが最初に発明したのはニトログリセリンを珪藻土にしみ込ませたもの。 ダイナマイトを作ったことにより、アルフレッドは一生贅沢しても使いきれないほどの巨万の富を得ました。

毛細血管を拡張する作用がある一方で加熱や摩擦によって爆発しやすい化学薬品です。 また合成者のアスカニオ・ソブレロ Ascanio Sobrero に対し充分な対価を支払った。

😚 そこで試行錯誤を重ねた結果、ニトロゲル、もしくはブラスチングゼラチンと呼ばれる構造を作り出しました。

2
ノーベルは爆発物の研究に没頭し、特にの安全な製造方法と使用方法を研究した。

📱 ニトロセルロースは、植物繊維であるセルロースを原料にしたもので、セルロイドの原料としても知られる物質です。

父と母と幼かった末の子は、故郷のストックホルムに逃げるように帰りました。

😍 でも、発明で失敗して国を後にした父親を見ていたのに、なぜ、発明家を目指したのか…?不思議だとは思いませんか? 1837年、単身サンクトペテルブルクに行った父は、ストックホルム時代に発明していた機械や、爆発物の製造で成功していました。 そこで、ノーベルはニトログリセリンを珪藻土に浸み込ませる方法を見つけます。

発見者ソブレロはこの性質があることを知っていて、この油を工業上の用途に使ってはあぶないという警告を出した。

💓 かつてニトログリコールは不凍ダイナマイトに少量使用されたのであるが、現在は石油化学の発達により原料となるエチレングリコールが、天然油脂の加水分解によって得られるグリセリンよりも安価に製造できるので、ニトログリコールの使用量が増した。 1875年には、摩擦や衝撃に強いゼラチン状の爆薬を完成させ、1884年に無煙火薬のバリスタイトを発明しました。

12
The simple truth is that the guns have been victimized. フランスのナポレオン三世から借りたお金で爆発物の工場を作り、スウェーデンでも特許を取るなどの成果をあげました。

👌 , そこで、持っている人は違います。 ノーベルはこの新しい物質の製造をはじめ、ダイナマイトガムと名づけたが、後になって、ダイナマイトそのものと混同されるのを避けるため、爆破ゼラチンという名をつけた。

10
爆薬を開発したというのは、 戦争の手助けをしているのと同義だと捉えられていたのだ。

☘ ダイナマイトの発明以降、そこから各種の工夫が加えられ、多くの爆弾類が発明、製造されるようになりました。 そのためにはダイナマイトの糊のような性質が特に好都合だった。 水分の吸収に優れた 珪藻土に液体ニトログリセリンを吸わせれば、振動に強くなり、安全性が高まることを彼は発見したのである。

16
1931 がスウェーデン国立銀行に対して「アルフレッド・ノーベルを記念」した経済学者への賞を上述の5部門とは区別するよう依頼した。

⚓ まだ大規模な世界戦争は行われていません。 またスウェーデン王立アカデミーの会員になるなどの地位も高まりました。 ダイナマイトの材料の一つであるニトログリセリンを実用化したのはノーベルです。

20
アルフレッド・ノーベルが、ダイナマイトを発表した。