ラクロス 女子 日本 代表。 過去の代表活動

🙄 2008年、オーストラリアの強豪「Wilderness」に加入。 2003年 関西ラクロスリーグ戦2部 BEST12、関西ラクロスリーグ戦2部 BESTプレイヤー• 4~11@オーストラリア・パース) 第4回ILF男子19歳以下世界大会 6位 (1999. ラクロス界の方々へメッセージ 世界選手権大会中に頂く日本からの暖かい声援にはわたしも選手として何度も背中を押して頂きました。

リーグ戦準優勝を経験する。 2007年 ハワイトーナメント 大会優秀選手(アメリカのクラブに一時加入)• 女子DSの井川裕之ヘッドコーチは、国際親善試合、強化合宿の成果を実感している。

😚 「Almond Breeze」 コマーシャル など• 何とかして目立ってやろう、というくらいのマインドでいいんです。

20
スポマガ()• 氏名 CAP 1 岸田 則子 3 2 玉置 文子 6 3 大嶋 栄 1 4 土井 雅子 3 5 田中 光子 6 6 太宰 由紀子 2 7 高田 木村 郁代 4 8 志村 美恵子 3 9 堀北 綾子 1 10 渡辺 志保子 5 11 土屋 亜美 5 12 宮河 菅井 輝美 7 13 塩崎 恵美子 4 14 佐藤 美和子 3 15 増岡 文子 3 16 石田 みち子 3 17 福島 順子 3 18 安田 哲子 2 19 斉藤 範子 2 20 山田 恵子 4 21 吉田 幸代 3 22 宮川 千佳 12 23 多田 ゆかり 4 24 兼松 順子 4 25 安達 三枝 12 26 並木 富士子 13 27 奈良部 直子 4 28 弘中 雅子 7 29 三木 朋子 4 30 赤井 希久子 5 31 曽我部 日生 5 32 加藤 晴世 6 33 山内 紀子 2 34 沼畑 公子 1 35 海野 久美子 2 36 相川 千絵 4 37 井上 久子 2 38 原沢 亜希 2 39 鹿内 愛子 16 40 外山 智香子 8 41 大竹 真美子 7 42 高橋 順子 2 43 江野沢 宇田川 美穂 13 44 多島 朋子 4 45 浅見 敬子 11 46 服部 留奈 2 47 吉岡 麻里子 7 48 岡田 梨加 3 49 丸山 みどり 3 50 永田 早矢 18 51 原田 直子 1 52 森本 加藤 直子 5 53 平野 小熊 桂代 8 54 関 奈津子 4 55 虫壁 坪井 良子 11 56 室岡 絵里 1 57 小野 智恵子 1 58 首藤 榎本 妙 12 59 永野 はるえ 5 60 古賀 千尋 5 61 田端 真希 2 62 Angela Elting 15 63 杉浦 則子 4 64 鈴木 理恵 2 65 岡田 真実 20 66 浜田 真里江 2 67 野中 郁代 1 68 長谷部 直子 12 69 岡田 真弥 1 70 兼松 本間 由香 13 71 佐々木 時子 17 72 井手 麻記子 7 73 野口 智子 3 74 松平 貴子 17 75 乾 あゆみ 18 76 小島 千枝 2 77 高橋 美夕季 1 78 辻本 つかさ 11 79 河野 未穂 2 80 清水 郁子 1 81 山口 真理恵 10 82 篠宮 山田 都萌 6 83 伊藤 真葵 20 84 中村 弥生 3 85 高山 直子 4 86 鈴木 彩香 13 87 後藤 萌美 9 88 山本 さやか 15 89 高橋 はるか 5 90 二木 美栄 1 91 常盤 香代子 2 92 井上 愛美 14 93 直塚 史子 2 94 鎌多 春香 2 95 高橋 真弓 5 96 加藤 慶子 7 97 横山 里菜子 5 98 山田 陽子 2 99 田中 智絵 2 100 工藤 綾乃 1 101 与村 知子 1 102 田中 彩子 4 103 湯村 亜衣子 1 104 鈴木 実沙紀 19 105 富田 真紀子 5 106 大島 千佳 4 107 一戸 愛美 1 108 三樹 加奈 1 109 伊藤 絵美 5 110 藤崎 朱里 2 111 中尾 友紀 1 112 Mateitonga Bogidraumainadave 11 113 鈴木 育美 1 114 飯田 美妃 1 115 野毛 伸子 4 116 横尾 千里 4 117 山中 郁香 5 118 神村 英里 5 119 鈴木 美緒 8 120 齊藤 聖奈 21 121 中村 知春 4 122 山 あずさ 4 123 西村 みき 1 124 中嶋 竹内) 亜弥 10 125 小磯 雅子 5 126 樋口 由依 4 127 山田 怜 1 128 林 明里 3 129 末 結希 14 130 五十嵐 裕佳 3 131 片岡 瑞帆 12 132 坂本 愛里咲 3 133 加藤 あかり 7 134 本間 美月 5 135 伊藤 瑞萌 4 136 田坂 藍 11 137 加藤 里奈 2 138 小菅 礼子 3 139 杉本 七海 1 140 山本 紗織 2 141 高野 眞希 8 142 山本 実 10 143 谷口 令子 3 144 野田 夢乃 11 145 南 早紀 12 146 日向寺 亜依 7 147 バディヴァカロロ 1 148 黒木 理帆 10 149 堤 ほの花 9 150 寺内 美樹 3 151 伊藤 優希 5 152 櫻井 綾乃 12 153 小林 ちひろ 5 154 三村 亜生 7 155 平野 恵里子 7 156 中山 潮音 2 157 清水 麻有 9 158 古田 真菜 2 159 及川 由季 3 160 津久井 萌 8 161 山中 美緒 2 162 桑井 亜乃 1 163 塩崎 優衣 6 164 江渕 まこと 7 165 長田 いろは 7 166 鈴木 彩夏 7 167 福島 わさな 3 168 藤本 麻依子 4 169 加藤 幸子 2 170 小西 想羅 2 *キャップ数は2017年8月27日時点. 大学卒業後のには大手通信会社に入社。 3@東京) 2011年ラクロス日本代表トライアルゲームシリーズ 出場 (2011. 代表名 主な出場大会等 2018年度・男子日本代表 第13回FIL男子世界選手権大会 6位 (2018. 来歴 [ ] 中学、高校では部に所属。

🤩 12~22@イングランド・ギルフォード) 第10回IWGAワールドゲームズ 5位 (2017. 2009年 「第 20 回 埼歯健康ウォーキング」ゲスト出演• 20~30月@ポーランド・ヴロツワフ) 2017年度・男子日本代表 2017ALA MAVERIK CHALLENGE 優勝 (2017. 10~19@アメリカ・デンバー) 第24回ラクロス国際親善試合 出場 (2014. 毎回50人から100人程度は招集しており、幅広く育成することを目的としている。 日本では夜中時間の試合なのに、リアルタイムで観てくれてる仲間たちがいて、 テレビを見ながら私たちのプレーを喜んでくれている仲間の姿をみたり、 試合結果を聞いて連絡をくれる友人がいたり、 かっこいいです!先輩のようになります。

15
2011年 全日本選手権 「NLC SCHERZO」 優勝• なので、是非選手の身近にいる方たちは直接選手に声をかけて頂きたいですし、 直接関わりがない方もSNSなどを通じて暖かい応援メッセージをいただけると嬉しいです。

👊 ラグビーリパブリック 日本代表選手へのインタビュー• プレー強度も上げていかないといけない」 プレーのクオリティー、若い世代の国際経験、新ルールへの適応など、ASPACでチェックする点はいくつもある。 5@アメリカ・ボルチモア) *男女共催 2003年度・女子21歳以下日本代 表 豪州強化遠征:DOWN UNDER CUP2003 優勝 (2003. 2019年8月に行われる第7回ワールドラクロス女子19歳以下世界選手権大会、そして将来的には2021年、またそれ以降の世界大会に於いて、日本代表として世界のトップ国と伍して戦える選手の輩出を目的として今後も活動していきます。

14
聞き慣れない言葉かもしれないが、意訳すると、4年周期で行われるナショナルチームの世界大会を見据えた、日本代表に準ずる全国強化指定選手団のことである。 (フジテレビ)• Flowers()• といってくれる後輩がいたり、 写真を見てテーピングが増えてるけど怪我大丈夫?と体をいたわってくれる仲間がいたり、 全く知らない方からの頑張れ!のメッセージや、 活動期間中色々な面で支えてくれる親や、 チームの大事な時期にチームを抜けてしまう事に嫌な顔せずチームのことは任せて。

🐝 その悩ましき問題を解決するために発足させたのが、デペロップメントスクワッド(DS)。

13
仕事と両立を図りつつ活躍。

😚 現状、継続した代表の育成をしている国は少なく、日本の強みになる可能性もある。 17@東京・世田谷区) 1989年度・男子日本代 表 () 第1回ラクロス国際親善試合 エキシビション参加 (1989. 現役時代、12人制で19歳以下日本代表で、世界大会を経験している宮沢明日香アシスタントコーチも、その点を強調していた。 出演の頻度は不定期ながら、トップアスリートへのインタビューを主に任されている。

2016年 東京 トークショー 全 2 部• 月ごとラクロス記事数一覧• こころのプロジェクト「夢先生」にも参加。

🤗 プロラクロスプレイヤーとの二足の草鞋を踏んでいる。 みんなが経験する1度目のW杯の舞台をより良いものにし、将来の日本のラクロスを担う選手を1人でも多く輩出することがわたしのこの活動に込める想いです。

13
3~13@ドイツ・ハノーバー) 第11回FIL男子世界選手権大会 4位 (2010. これからも、女子ラクロスU19日本代表の活動を日本中の皆様にいろいろな形でサポート、応援いただければとおもいます。 2~10@オーストラリア・アデレード) 第8回ILF男子世界選手権大会 8位 (1998. 2013年 オーストラリア23歳以下代表アシスタントコーチに選出、アジアパシフィックカップ出場 2位• 2016年大学院マネジメント研究科修了。

😈 15~24@イギリス・マンチェスター) 第22回ラクロス国際親善試合 出場 (2010. 17~23@ドイツ・ベルリン) 第6回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (2001. 「将来、日本を引っ張っていくような選手になりたいんです。 ( 、)• トレーニングからルーズボールの奪い合いの激しさが増し、気迫がみなぎるようになった。

7
チームの求めることを120%でトライしてもらいたい」 気になるのはルール変更の影響か。 強豪国を見ても、イングランドは同様のシステムを取り入れているが、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどは採用していない。