約束 の ネバーランド。 約束のネバーランド

😊 保護されるべき子供達が知恵と勇気で危険な世界を力強く生き、成長するというのが本作のコンセプトと言えるだろう。 テオの回想によると飼育監を「先生」と呼ぶ。

エマ達と共にレウウィスを攻撃するが、閃光弾で目が見えなくなったレウウィスが破壊された仮面の破片を周囲に投げ飛ばして命中した際に声を出してしまい、彼の攻撃で戦闘不能になる。 鬼と人間との間で交わされた「鬼と人間は棲み分けをする」という1000年前の約束。

👆 武器庫には大量の銃火器・刃物・盾・爆弾などがある。

11
ハヤトによると、非常に高い実力を有するが、何を考えているのか分からず、ノーマン以外の言う事は聞かない狂犬みたいな人物とのこと。

☣ 大柄で一般的な人間とはやや異なる体型。 実際、クローネは「出荷」されてしまいます。

12
コニーの人形を拾ったことでエマたちは自分たちが「食用児」だと知るのです。

🚒 原題は『ネバーランド』だったが、最終的に『約束の』が付け足された。 複雑な思考は難しいらしく、レウウィスに投げた瓦礫が仲間に当たることまでは考えが回らない。 この狩りもどきはピーター・ラートリーに漏れていたらしく、彼から話を持ちかけられ、GPに秘密の猟場が作られた。

4
獣型の鬼の中には非常に鼻の利く種類もおり、エマ達の農園脱出と逃げた方角も把握していた。 GFは能力の高い子ばかりを育てる高級農園ですが、エマ、ノーマン、レイのフルスコア3人はともかくとして、ひとりだけ能力未知数の子どもがいるのに気付きましたか?それは4歳のフィルです。

🙂 しかし、そこでコニーの 「出荷」の瞬間を目にしたことで、孤児院とされていたハウスの真実を知ることになる。 種類も様々で、人型や獣型もいる。

18
バイヨン卿 上級貴族の鬼。 儀程(グプナ) 知性のある鬼たちが人を食う前に行う宗教儀式。

🤚 ノウマを取り込んでパワーアップしたノウスに対し、気配を含めあらゆるものを消し去って狙撃しノウスを倒す。 味方はもちろんのこと、敵にも不思議と憎めないキャラクターが揃っていて、「約ネバ」の世界に深みを与えてくれます。

1
子供たちは、早ければ6歳頃に、遅くとも12歳になれば施設を離れ、里親の許へ発って行った。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。