ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について ネタバレ 韓国。 ある日、お姫様になってしまった件について◆第78話翻訳あらすじ◆魔法の授業とイゼキエルの告白 │ BOOK REPORT

😔 驚いて悲鳴を上げるアタナシアにルーカスは笑います。 まだそこまで心を開いたわけではないか・・・しかしこれくらいでも十分発展した方だろう・・・。 私、アタナシアのフルネームは、小説のなかで不遇を遂げる姫と同じでした。

4
不埒なところもそっくり?がよくわかりませんでした。 たぶんアタナシアとのおしゃべりも夜遅くまでしていましたが、他愛のない話をしていたのではないでしょうか。

🤐 ジェニットの母親は、クロードに婚約を解消され、 ジェニットのお産中に亡くなりました。 それを見たクロードはジェニットへの無関心ぶりが嘘のようにアタナシアの腕を掴んで濡れるから座っていろと告げました。 「これでできたの?!」 あんなに分からない説明でやってのけた自分にやっぱり私才能あるのかなとアタナシアは思いますが、ルーカスがお前のような初心者にもできるように説明できるなんて俺ってやっぱり天才だなと言います。

1
とにかくアタナシアにとって見えない敵ですね。

🤜 ジェニットは状況を把握し、口裏を合わせましたが、アーティと自分二人だけの秘密だったのに、イゼキエルとも共有することとなり、不満そうな様子です。 見てみて!とクロードのほうを向くと、「よくやった」と言って微笑むクロードが。 わけあって離れて暮らしていたが、これで喜んでもらい親しくなれたらいいなと言う彼女。

ただ、 私は貴方が血の繋がりだけで、彼らから無条件に愛を受け取れると信じているのではないか、と心配なのです。

🖖 皇位には興味はないと、ひたすら純粋な笑顔で無害さをアピールする。 仲良さそうに。

2
『それは違います!』 ジェニットはたまらず声を上げます。

😉 そしてきっと危険な黒魔法を2つかけてまで忘れたかったモノというのはアタナシアのお母さん、ダイアナですよね。 こんな顔記憶を失う前でも見たこと無いのに、どうしちゃったんだろう本当。

20
皇族であれ何であれアエテルニタスのような出来損ないの面倒は見ない。

♨ 一方的にジェニットが話しかけているのですが・・・。

11
皇帝でもない女が娘にその名をつけるとは、生きていればその場で八つ裂きにされても足りぬほどだと、帝王の名の重さを話すクロード。