カイザー イン サイト。 【プリコネR】カイザーインサイト(覇瞳皇帝)の攻略と編成制限

🤲 一応イベント戦で敵ボスキャラとして登場した際にはユニオンバーストに相当するカットイン必殺技を使っては居るのだが… 他のコラボキャラ達はストーリー、ゲームシステムともに 正真正銘の仲間だがこいつは完全に敵であるどころかプリコネRでのストーリー第一部のラスボスである。 その実力については同じ「七冠」のネネカも認めるほどです。 「カイザーインサイト」は手札の入れ替え能力もあるので、アディショナルで追加された「ゴブリンクイーン」が「ゴブリン」を2枚入手して手札を増やせるので相性が良く、採用しやすくなっていると思います。

8
Re:Dive 以下、Re:Dive に分けて解説する。 しかし覇瞳皇帝自身は『再構築』に対して、『何者かが出来損ないの世界』をつくったとしている。

👀 決戦のその後 王都終末決戦にて見事覇瞳皇帝を打ち倒すと第15章の7話以降が解放されるのだが、第7話にて覇瞳皇帝の本当の願いは「物語のような 誰からも愛してもらえる」ということが分かり、ペコリーヌから身分を奪ったのも、七冠をまとめて「アストルム」を作ったのも、その願望のためだったことが判明する。

ただ、それだけ』 ランファにはこの世界のエラーデータ(?) 魂(?) の声がノイズのような形で聴こえているようで、 それを魔力(マナ?)を使うことで具現(シャドウ)化 コッコロ達に自身の苦しみを説明する 【コッコロの変身とプリンセスフォーム二つ目の条件】 結局お互いが引かぬまま戦いになり、コッコロがプリンセスフォームに プリンセスフォーム二つ目の条件は『心を繋ぐこと』だった。 ただしこの能力、普通は大量の情報を集めても瞬時に次の未来の予測などできないため、現実世界においても天才であるカイザーインサイトのみに使いこなせる能力となっています。

☘ 特に対ビショップで有効です。 なぜ女性役に男性声優が抜擢?と思うかもしれませんが、 カイザーインサイトはなんと男です。 1ターン目なら、さらに1枚引く。

8
オートメーションの使い方 どの対面でも序盤〜中盤はアナライズとエンシェントを埋めるのが良いです。 相手のターン終了まで、 潜伏 を持つ。

🚀 何故前作で昏睡したはずの彼女が生きているのか、世界が何故再構築されたのか。 一度で達成しようとせず、二回や三回に分けるのが無難でしょう。

19
これは原作におけるユニオンバーストが主人公含むの信頼した相手へと与えることのできるバフの結果発動可能になる必殺技であるため。

✊ 話が進むとカイザーインサイト(覇瞳皇帝):ユースティアナと名乗っていることが判明します。

18
5em;font-weight:bold;color: fff;border-radius:2px;vertical-align:middle;margin-right:. カード名 カイザーインサイト 種類 フォロワー クラス ネメシス レアリティ レジェンド コスト 10 進化前 攻撃力:7 体力:7 能力 アクセラレート 1; 手札1枚を選択して、選択したカード以外の手札をすべて消滅させ、「消滅させたカードの枚数」と同じだけカードを引く。

🖖 設定の齟齬を直したりするのに追われる日々だとか。 第1部では自身の力の無さを嘆いていたコッコロだったが、プリンセスフォームの力を使い、 結晶化した仲間(とトワイライトキャラバン)を復活させ、を撃破! その後、アンナナカの魔法でふっ飛んだ騎士クンがランファママの胸に飛び込んでハッピーエンド 戦意喪失したランファは謎の転移アイテムを使用して去る。 主人公たちを大幅に上回る実力と、アストルムをデータとして閲覧することで相手の動きを予知する能力『覇瞳天星』によって主人公らを追い詰めるが、七冠の一人『跳躍王』 キングリープ の乱入によって撤退を余儀なくされる。

14
10枚使用するまではアクセラレートで使用すると相手の山札に入ってしまうし、手札に持っているとコピーされてしまう。

🐾 1コストと化した。 選んだ手札以外が消滅するのはネックだが、よろしく有用な手札は残しておけるため、柔軟に立ち回れるだろう。

作中のメイン舞台であるVRゲーム『レジェンド・オブ・アストルム』の開発者である『』の一人。