タナカ リボルバー。 タナカ リボルバーガスガン一覧

🙃 こちらはシリンダー径の比較になります。 実射テストの結果、リアルな完成度、飛距離、精度と総合的にみて、合格点に達していると思います。

15
こちらのメーカーもガスリボルバーのみの販売になりますが、特徴はリアルな外装と圧倒的な命中精度にあります。 また実銃では強力な反動を少しでも和らげるために、フロントサイト前にはコンペンセーターを装備しています。

💔 通常シリンダーには5〜6発装填のところ、こちらは8発装填です。

コンパクトなJフレームのM36チーフスペシャルから、今回紹介するXフレームのM500のまで、各種リボルバーがラインアップされています。 巨大なシリンダー、長いバレルと最大級のリボルバーは男のロマンです。

🤪 グリップフレームはとてもシンプルな構造です。 M327PC、各種アクセサリーを搭載できる、銃身下にさえ供えられたレイルが、いかにも新時代タクティカルリボルバーにふさわしい。

現用拳銃には必須のアンダーマウントレールも搭載しています。

😚 現行で使用されている自動拳銃や自動小銃のように、ブローバックして次弾を装填する方式と比べれば装弾数も少なく、装填動作が遅いことが欠点としてありますが、ハンマーで薬莢を叩くだけというシンプルな機構の為、以下の利点があります。

7
グリップスクリューは流用できるが、純正のグリップ内のウエイトは装着できない 東京マルイはグリップスクリューが2本あり、ガスタンクに直接ねじ込んで固定する。

👏 表面仕上げや重量感などもうまく再現され、ガスリボルバーの中では最も高級な部類といえる。 それに、カートの出し入れがちゃんとできる「モデルガン」もリリースしているところが、嬉しい。

8
ただ、短いほうが重いのはVer. タナカワークスとは… 旧CMCの流れを組むモデルガンメーカーとして出発し、マニアを唸らせるリアルさを持つ名品の数々を世に送り出してきた、業界屈指の老舗トイガンメーカーです。

😭 2になります。 この辺、同じく「メカニズムの再現」にこだわり、「リボルバーの革命」とうたわれた、今はもう無き伝説のメーカー「コクサイ」を彷彿させる。 ペガサスメカのVer. リアルな構造なフレーム内メカニズム。

また、同じ部分に弾を仕込んでいるんだから、余計なガスルートをたどらずに、ガスはダイレクトにBB弾にそのエネルギーを伝える。