ツムラ 柴 胡桂枝 湯。 柴胡桂枝乾姜湯【11番】の効果と副作用

⌚。

8
陰陽(陰)・虚実(虚)・寒熱(寒)・気血水(気うつ・気逆) 柴胡桂枝乾姜湯は、以下のような方に使われます。 性的神経衰弱、陰萎(ED) 桂枝加竜骨牡蛎湯は、「金匱要略」という漢時代の古典書に紹介されています。

⚠ 小青竜湯(ショウセイリュウトウ):ツムラ小青竜湯、クラシエ小青竜湯など• まとめ 柴胡桂枝乾姜湯は、精神安定作用と自律神経を整える作用が中心と言えます。

15
効能 【ツムラ】 発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのあるものの次の諸症//感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛。 そのほかに牡蛎は、主成分の炭酸カルシウムに気分を落ち着ける作用があります。

✔ 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 アレルギーはどんな生薬にでも起こりえるもので、体質に合わないとアレル ギー反応が生じることがあります。

4
しかしながら、柴胡桂枝乾姜湯の効果だけを本当に期待して使うケースばかりではありません。

☕ ここが漢方薬の良いところであり、難しいところでもあります。 感冒、胃痛、腹痛、神経痛、胆嚢炎、胃酸過多症。

9
持病のある人は医師に伝えておきましょう。 気血水:気滞・気逆(のぼせ・イライラ・緊張・不安) 3.柴胡桂枝乾姜湯の効果と適応• 飲み始めに明らかにアレルギー症状が出ていたら、服用を中止してください。

🤟 また、食べ物でもアレルギーがあるように、生薬にもアレルギーがあります。

13
漢方はその時の病気の漢方的な見立て、証、によって服用します。 (2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合のみ服用させてください。

⚔ 高血圧、心臓病、腎臓病 2. 体の熱や炎症をひき、また痛みをやわらげる働きをします。

13
これをといって、漢方治療の大切な原則の一つとされています。 つまり、「この漢方薬は、漢方の原典「傷寒論」に記載され、虚弱者で感冒や感染症などが慢性化し、寒気、発汗、息切れ、食欲不振などの症状、あるいは動悸、不眠、神経症などに用いられる薬方です。

📱• 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください 関係部位 症状 皮 膚 発疹・発赤、かゆみ そ の 他 頻尿、排尿痛、血尿、残尿感 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 漢方薬は体質を重視するため、合わなければ柴胡桂枝乾姜湯の使用によって症状の悪化を招く恐れがあるからです。

6
) 添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖を含有する。 現在、柴胡桂枝湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。

😂 重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。 精神的に不安定・なかなか眠れない方向けの漢方薬「柴胡加竜骨牡蛎湯」 「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」は、仕事や人付き合いなどでイライラし、思い悩んでしまう方、テスト前や試合前などに緊張して眠れない方などにおすすめの医薬品です。

16
鼻炎や咳といった上気道症状や薬疹や口内炎といった皮膚症状、下痢などの消化器症状などが見られることがあります。 【使用にあたり】• 人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなることがあるかもしれません。

☘ ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 相談すること• (2)妊婦または妊娠していると思われる人。

5
しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。 柴胡桂枝乾姜湯は7種類の生薬からできており、主な生薬は柴胡と黄芩になります。