Zoom ブレイク アウト セッション。 ズーム(Zoom)ブレイクアウトルームの途中参加者はどうなるの?

😩 ホストを部屋に招待します。 この機能はMTGの開始前に参加者をブレイクアウトルームに割り当てておくことができるので、中・大規模なMTGやセミナーの場合には便利かなーと思いました。 急遽参加者が追加になった場合でも、「未割り当て」の部分にリストされるので、この方たちだけMTG中に手動でブレイクアウトルームを割振りすることができました。

参加者10人を5人、5人の2部屋でもいいですし、1人ずつつ個人面談してもいいですし、そういう場合に自動なのか、手動にするのか選べます。 講師が参加者に対し一方的に発信する時は、この機能は使うことがあまりないと思います。

☺ 有料版Zoomライセンスでできること 有料プランでは料金以上にお得な4つの大きなメリットやできることがあります。 自動を選択した場合は、Zoomが参加者を均等な人数に振り分けてくれます。

なので必ずセミナー前に 「グループワークがあります」という旨を伝え セミナー開始時もしくはブレークアウトセッション開始時に機能を詳しく説明しましょう。 家族、同僚、仲の良い友達には、話しにくいこともある。

⚓ この機能を使えば 「各部屋でしっかりディスカッションできているか」確認ができるので ホストは覚えておくとよいでしょう。

4
これですぐに、「ブレイクアウトルーム」を始めることができます。

🚀 ・手動:手動で参加者をルームに割り当てます。

13
この情報が皆様のお役に 立てれば幸いです。

🌭 ホスト側が、ブレイクアウトセッションを終了させると下記画面がでてきます。 その際は 「分科会室を閉じた後のカウントダウン:カウントダウンタイマーを設定」に希望する数値を入力します。

ブレークアウトセッションでは、オプションを設定することにより、更にスムーズなブレークアウトセッションが実現できます。

♥ ところが、ワールドカフェでこのやり方をすると、留守番役は必ず「PowerPointを共有して入力した人」になってしまいます。 設定は初めはどうすれば良いのだろうと悩まれるかもしれませんが、こちらの記事を参考にしていただけばすぐに設定可能です。

5
「ブレイクアウトルーム」をオフにしていると、アイコンが出てきません。 「今すぐ退出」を押すとメインルーム に戻ることができます。

😅 Slackなど、他のアプリやシステムと連携が可能に これら多くのメリットがあります。 ちなみに、事前割当を行うには参 加者のZoomログイン時に登録しているメールアドレスが必要になるので、予め参加者に確認しておく必要があります〜。

14
その場合でしたら参加者は「ヘルプを求める」というボタンをクリックすれば、ホストにヘルプがあるという通知がありますので便利です。