ジャスパー マスケ リン。 ジャスパー・マスケリン

⚑ The War Magician (デビッド・フィッシャー、1983年、2004年再版) - 小説形式の伝記。 Magic: Top Secret (1949年) - ゴーストライターによる自伝。 A Candid View of Maskelyne's 1916-1917 (ジョン・サリッサ&アン・ダベンポート共著、1995年)• White Magic (1936年) - マスケリン家の歴史。

Image from このトーチライトは9マイルほど先まで光を飛ばすことができ、要所に鏡を置くことで光の軌道を曲げ、スエズ運河を再現してしまうというもの。 マスケリンのロッジは彼自身の劇場で活動した。

⚑ Magic: Top Secret (1949年) - ゴーストライターによる自伝。

14
その作戦実行にマスケリンと彼の部隊が動員されました。 しかも巧妙なことに、 「ドイツ軍の空爆の跡」まで再現してしまった。

👆 偽の線路、偽の無線会話、偽の建築音まで偽装された。

その死に関してガーディアン紙は2002年6月28日の記事で率直にコメントしている。

💢 アレクサンドリアと違って、スエズ運河は縦に細長くとても隠蔽しきれるものではない。 マスケリンの最もよく知られた業績は第二次世界大戦中にイギリスの軍情報局に協力して行なった大規模な計略、欺瞞、偽装でした。

20
Deception in War (ジョン・ラティマー、、2001年) - 「Aフォース」の事実関係とその展開。 アレクサンドリア港イリュージョン ドイツ軍がポーランドに侵攻し第二次世界大戦が勃発。

🌏 ちなみに、この話はトムクルーズの主演で、 「The War Magician」という映画を製作するというニュースがあったのですが、 いったいどうなったのでしょうかね?. Axis爆撃機から隠すため、アレキサンドリア港を移動させたり、 エジプトのエルアラメインの戦いで、1000台の戦車をドイツ軍に悟られずに移動し幻の大軍を創り出したり、 その極めつけがスエズ運河への大規模空爆から防衛、武器もなしに敵を殲滅させた・・・。 A Candid View of Maskelyne's 1916-1917 (ジョン・サリッサ&アン・ダベンポート共著、1995年)• その他 [ ] 第二次世界大戦以前にジャスパー・マスケリンは「エンシェント・オーダー・オブ・フロス・ブロワーズ」()の「ブラスター」の階級だった。 これはをもじったチャリティー団体で、1926年から1931年にかけて活動していた。

偽の水用パイプラインも敷設され、攻撃が行なわれるのはずっと後であるように見せかけた。 彼等はマジックギャングという通称で呼ばれた。

☢ 無敵の強さを誇ったドイツのロンメル将軍のアフリカ軍団と、イギリス軍を中心とした連合軍が激突した、エル・アラメインの戦いです。 そこで何カ月か、彼はヨーロッパで言う雨と上天気、つまり権力まかせに気の向くままに日を送った。

19
マスケリンは舞台奇術へ戻ったがさほど成功せず、に移住して自動車学校を設立した。 何もない砂漠状だと、人工物のように見える「白いモノ」目掛けて爆撃機は爆弾を落としてしまうのだ、というのがその理屈でした。

😆 ジャスパー・マスケリン(Jasper Maskelyne, - )はの。 彼の最大の手品はアレクサンドリアやを隠蔽してドイツ軍の爆撃機の方向を誤らせるものである。 しかし第二次世界大戦という死者数約数千万人にも及ぶ熾烈を極めた戦争を、彼は軍事力を用いずに戦いました。

南にはマジックギャングによって二千台の戦車の偽物が置かれていた。