ポケモン 努力 値 調整。 【上級者の育成論】HPの奇数調整、2n+1調整や3n調整とは【ポケモン剣盾】

😋 しかし、この調整も16n-1調整と同様にむやみやたらに施して良い調整ではありません。

ここまでをまとめます。

☘ 同じでもの振り方や道具を変えることで 勝てるが変わったりだとかするので、 これもの奥深さとして挙げられる要素の一つですね。

4
特定の役割対象を立てて努力値調整を施したとしても、そのポケモンが入っているパーティとマッチングし、そのポケモンが選出され、調整を施した自分のポケモンと対面する所まで行かないとその調整が実際に活きることはありません。 やダメ計の基本的な知識。

😊 【例 アブソルの「だいもんじ」で、受けにきたエアームドを倒したい】 ここで、アブソルはエアームドを倒したいので、特攻に全振りしたとします。

13
16n-1調整よりも効率が劣るのですが、16n-1までHPを上げるための努力値が足りない場合などは、8n-1で妥協すると良いでしょう。 人気の育成論• 最も有名な努力値調整として、 「ぶっぱ」という調整があります。

🤫 余った努力値は同じ素早さ種族値のポケモンや相手のニンフィアより先に攻撃するために素早さを強化してもよし、相手のガブリアスが耐久に努力値を振っている事を想定して特攻に多めに努力値を振ってもよしです。 ワイルドエリア 攻略情報• 例8:カミツルギ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 カミツルギ 59 181 131 59 31 109 最後に、壊滅的な特防を持ちながら、一定数特防振りの調整が見られるこのポケモンで、種族値が低い箇所に努力値を振る意義を考えていきましょう。 努力値が調整しやすい ポケモンを倒して努力値を振ることのメリットは数値の調整がしやすいことです。

1
間違ったHP調整をしてしまうと、効率が良いどころか努力値を無駄にしてしまうこともあります。 呼称解説 特化 努力値を252加算し、さらに性格補正で1. たべのこしの発動回数が多いので、地味に馬鹿にならない調整だったりします。

😆 ハネの入手場所 ステータス画面 意味 薄い黄色部分 ポケモンのステータス 濃い黄色部分 努力値の振られ具合。 H12 D28 の場合 確定で耐えます。

2
今回の例は努力値の端数をどこに振るかというお話です。

✇ という方へ向けた助言をしたいと思います。 実際、ミミッキュのじゃれつくについては、 56. HP に割く努力値を減らした分は防御系に回してやれば総合的な耐久力もほとんど落ちないので、ちょうど良い数値が近くにある場合は意識してみると良いでしょう。 といってもいのちのたま調整をしている人はあまり聞いたことがありません。

17
耐久調整の例 が対峙することを想定し、 攻撃実数値182のガブリアスがこだわりハチマキを持って放つじしんを、急所に当たらなければ耐えることができる、 HP実数値199&防御実数値92になるように、HPに228、防御に52の努力値を振る。

☎ ということで今回は以上です。 僕も対戦用のポケモン育成では、ポケモンを倒すことで努力値を貯めることはほぼありません。 10n-1• 100少なくて済む防御を伸ばせば効率がいいんだな!と思ってしまうかもしれませんが一概にそうとも言えません。

16
みがわりをうって壊される• あまり耐久に努力値を割かないASやCSのポケモンでも、無振りでHP実数値が偶数のポケモンはHPに努力値4を振ることで、HP実数値が奇数のポケモンは防御や特防に努力値4を振ることで調整ができます。