手 描き 方。 【イラスト講座】手の描き方(入門編)

🤪 最初から頭で考えてやってしまうと、正しい情報が頭にないので不自然な形になってしまいます。 ちなみに、このデザインが出来れば『手のひら』と『手の甲』どちらも描けます。

16
手が苦手な人は、苦手なものこそ力を入れるつもりで描き方を練習していきましょう!. それではどうぞ。 そのため、輪郭をメインに描くことをお勧めします。

😛 この講座では、 手を4つのパーツに分けるイラストの描き方を解説していきます。 閉じた指 があります。

10
太い線で描いて、それから細いシャーペンなどで細く描いていく、と言う感じです。 手を立体的に捉えるために、ロボットの手を想像するとわかりやすいかも。

🤲 なぜこの4つに分けたのかは、それぞれの動きを見てみると理由が分かります。

2
これも先ほど説明しましたね。 考え方が先にわかった方が練習していきやすいですよね!おすすめのポイントは、 ・自撮りや実物の資料を用いる ・大きな紙と太い鉛筆とシャーペン といったところです。

😋 ・付け根の関節は下方向に動く ・親指の関節は小指方向に動く ・小指の辺りの筋肉は親指方向斜め下に動く この逆方向にも多少動きます。

20
実は描くまでのスピードが一番早いのがチョキ。 自分の手を動かすだけでいいので、手がどこまで曲がるのか調べてみるのがおすすめです。

⚑そして細かいところをペン入れ。 この2通りの練習は目的が違います。 子供の手を描く 子供の手の形は大人と少し異なり、指が太くて短く見え、手首が太くなります。

11
手の構造は 数本の直線の棒をつなげて動かしているようなイメージです。

♨ その気付きがあるかないかで、次のイラスト制作時にとても差が出てくるはずです。 この3つが描けるようになると、手を描くときに困ることは一気に減ります。

指先を細く、縦爪にすると女性らしくなります。 伸ばす指と握り込む指2(決めポーズ) 次は、伸ばしている指は2本ですが、親指と人差し指の場合。

😜 なので指一本描いたらコピペしても間違いではないのです。 携帯を持った手を描く時は、指が重要になってきます。 どこを骨ばらせたり丸くするか等は人体の構造を理解した上で描くことが前提になります。

この角度も正面に指の関節がくるので表現が難しいです。 細かい指を描いていくのはその後です。

🤑 手の構造を理解することで今までふわふわしていた手のイメージががちっと固まります。 最初は自分の手などの資料を使うのをおすすめします。

12
決して指の付け根から曲がるわけではありません。

😘 【手の描き方】手の構造を簡易化する それでは実際に手を描いていきます。

12
手のひらが外向き• また、爪を描かないというのも、表現の方法の一つでしょう。