有馬 キャスター 降板。 菅官邸を怒らせた、NHK「ニュースウオッチ9」有馬キャスターが降板!?(文春オンライン)

💓 視聴者目線で、わかりにくいものや納得できないことがあると、どこまでも掘り下げて指摘してくる。

18
こんなあり得ない事が、当たり前にならないように声を上げよう。

🔥 田中さんは大統領選や北京五輪など様々な経験をしており、その経験を生かして新しい時代に対応してほしい」と期待を寄せた。 有馬キャスターはもうじき丸 在任4年を迎えるところです。 大越氏(編集部注:2015年に降板した大越健介キャスター)は在任五年、前任の河野憲治氏は二年だった。

大越氏(編集部注:2015年に降板した大越健介キャスター)は在任五年、前任の河野憲治氏は二年だった。

☮ だからNHK内では、「政権の意向で板野氏を専務理事に復帰はさせたが、面従腹背で、ウラでこっそり影響力を削ぐようなポジションにしたのではないか?」と受け止める向きもある。

11
板野氏について「獅子身中の虫」「トロイの木馬」などと、さらに辛辣な評価もNHK内部で聞く。

😂 毎回テーマがまったく違うのに、すべての内容を頭に入れてスタジオでしゃべるのは、並大抵のことではない。

5
90年にNHK入局。

🤗 前日の指摘を受けて手直しされたVTRを確認する。 ですが、大越アナウンサーは、ニュースの合間にわりと自分の意見をちょいちょい挟みながら喋るタイプだったようで、これが降板させたれた理由ではないかということでした。 今春の有馬氏の去就が注目を集めていた。

15
もくじ 有馬嘉男キャスター降板なぜ? 有馬嘉男キャスターの突然の降板はなぜなのか調査したところ、2020年10月26日放送のニュースウォッチ9に菅首相が出演した際、 予定にない質問を有馬嘉男キャスターが菅首相に投げかけたから だそうです。 後に山田真貴子・内閣広報官が番組に対して「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う」などと恫喝の電話をかけたことが伝えられており、「クローズアップ現代(NHK)」で菅氏に厳しい質問を向けた国谷裕子キャスターや、「報道ステーション(テレ朝)」でかつて厳しい安倍政権批判を行なっていた古賀茂明氏らに続き、 またも菅氏を怒らせた番組出演者がテレビ界からパージされる危機が高まっている。

☎ だから国谷さんは、当日の放送分と翌日の放送分と、毎日2本の番組を試写していたことになる。 経済部、国際部を経て、フランクフルト支局長、シンガポール支局長を歴任。 「総理、怒っていますよ」 「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。

1
国民が今何を考え、何を知りたいのか、何について変革して欲しいと思っているのかといった民意も把握出来ていない政治家に用はありません。 国谷さんはNHKの職員ではない。

😜。 最終的にどうなるかは、まだわからない。

7
正籬(まさがき)聡放送総局長は会見で「そういった指摘のような人事はしていない。 》 《ガースーは自分が降板させようとしたとウワサが立っているのであるから、それを打ち消すように降板を阻止するようNHKに圧力をかけるべき。

♨ その後、17年から『9』キャスターを務めている。 そして、その不安が的中しそうだという見方が、ここにきて出てきたのだ。

7
こんなヤツ総理にしておくわけにわいかん💢 NW9の遺恨…菅首相が出演渋り「NHK政治特番」が放送見合わせに?(日刊ゲンダイDIGITAL) — Dr. 番組は月曜から木曜まで週4日放送されていた。