東金 日吉 神社。 歴史とパワーを感じる名所、日吉神社<パワースポット>

😩 交通アクセス バスで行く JR東金線東金駅からバス西が丘行き「日向台4丁目」下車徒歩7分 その他の情報. 参道は樹齢300~600年の大杉並木で、近在では稀に見る御神域で参拝者をして自ら襟を正させる ような荘厳なる雰囲気を醸し出しています。

3
今年は千葉県で2年に1度開催される連合祭典の年でした。 セブンイレブンの方角から来たなら、先ほどの裏参道の案内看板から、2本目の路地を左折してください。

🤪 御神徳により解決したことに感謝(氏子九区が報恩のため)し、寛文3年(1663年)6月15日(旧暦)に初めて祭が行われ以後隔年となりました。 概要 [ ] 社伝によれば、2年()日本の祖が東国巡錫の際坂本のの分霊を鴇ヶ峰(現在の山王台公園)にしたのが当社の創祀とされる。 日吉神社へはJR東金線東金駅から徒歩で30分程度かかりますが、途中神社の杉並木を通りますので、見学がてら歩いてみるのも良いかもしれません。

また、山車・屋形同士の交わす挨拶の儀では、山車・屋形を 揉んだり(前方を持ち上げたり下ろしたり しながら回したりする事)し、大変勇壮です。

♨ 日吉神社御朱印授与場所 御朱印は社殿左手の授与所でいただくことができます。

1
5km 車で8分 願いが成就するお寺、東金市の。

🤭 その後、嘉慶元年(1387年)に現在の場所に遷座し、東金郷六ヶ村(大豆谷村、台方村、辺田方村、掘上村、川場村、押掘村・・・辺田方村は現在の上宿、谷、岩崎、新宿)の総鎮守の神様として崇敬を集めております。 前方に見えるのは「やすらぎパーク東金(墓地)」の入り口。 近づくと、雅な音色が聞こえてきます。

その後に御朱印を頂いて下さい。

💕 以来、隔年毎には例祭に併せて連合祭典と称し神輿の渡御、山車・屋台の巡行を行っています。

6
木の俣に金の亀が祀られています! どんな由縁があるんでしょうね・・・ 参道を進みます。

♥ 現在の御本殿は、家康公が代官に改築を命じ、元和六年東金御殿に在勤されていた代官高室金兵衛が鈴木佐渡守に下命して造営された一間社流れ造りの立派な御本殿であります。

その両側には、39本もの大杉が立ち並んでいます。