故 き を 温 ね て 新しき を 知る。 故きを温ね新しきを知る。|音邑音音 (おとむら ねおん)otomura neon|note

😜 このことも、「基礎的なことを大事にしてから応用に臨みなさい」という本来の温故知新の意味と辻褄が合います。

8
ドイツのは「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言いました。 また、江戸時代では徳川家康が孔子の教えを広めるためにたくさんの寺子屋を開いています。

🤲 未来を拓くために学ぶのです。

🙌 孟子の所謂「読書尚友」であって、過去に生きた偉大な人々を師として向上を図るのである。 古き良き時代を回顧するのではありません。

自動車も10万キロ走ったり、10年経過すると、部品交換が必要となり買い替えることになるでしょう。

✊ 決して何か為にするところのものではない、自分が誰かの師となる為でもない。 人は、夜の夢とは違って、昼間は未来のことを夢見る、という文章です。 その両方を知ったうえで、それらを融合してさらに新しいことを生み出せる人というのが最も良いですからね。

2
これができて初めて人の師となれる。

😘 」が由来です。

」ということです 「故きを温ねて新しきを知る」ということは、なかなか難しいものです。

😚 しいて言うなら「孔子がそう書いていたから」というのが理由になるでしょう。 「故きを温ねて新しきを知る」の例文• How to write kanji and learning of the kanji. このとき初めて向上の道を得る。 過去から学び、今日を生き、明日に希望する。

4
備考・解説 古きを学ぶはそこから万古不変の真理を知り、自らの糧にすることをいう。

😝 Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. 「故きを温ねて新しきを知る」の由来 孔子 こうし の論語第2章「為政第二」の一節である「子曰、温故而知新、可以為師矣。

1
(亀?) など、仰天事実がどんどん出てくる。 。

🙄 感じ取るアンテナは、金魚鉢の澄んだ水のごとく。 先人の教えは身の回りに溢れています。

11
この論語の意味は、「昔のことをよく調べて学ぶことで、現在や未来に役立つことがよくわかるようになる。 故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師と為すべし。

🤔 「故きを温ねて新しきを知る」ということは、先人の知恵に学ぶことを意味しています。 つまりこれは、応用だけを知るのではなく、基礎の部分もきちんと習熟していなければ誰かに教えるほどの域には達していない、という意味なのです。 よく、引き合いに出されるのが「故きをたずねて新しきを知る」という言葉です。

15
昔の物事をよく調べてみると、現在や未来に役立つこともたくさんあると思います。 」となります。