バサ 遊び。 バサ(トランプ)のルールや遊び方は?危険な理由についても

🤪 たとえば、ボードには2、エース、5、4が表示されます。 得点 同点の場合、各チームに26枚のカードがあり、誰も3ポイントを獲得できません。

本当に「バサ」は実在するの? こうなってくると、どうしても頭に浮かぶのは 「岡野氏による創作説」です。 つまり、7は7を取り、キングはキングを取り、6は2つの6を取ります。

😘 トランプを使う• しかし、正直わかりにくいですよね。 2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い• ヒズ・ノブ スターターと同じスートのJを持っている場合、1点を得る。

次のターンに相手にBasra(バスラ)を返された場合、2倍のポイントである20ポイントを相手は得ます。

✔ スターターも同じスートだった場合、更に1点を得る。

9
絶対に話してはいけない闇のゲーム『バサ』 今回そのトランプゲームの『バサ』について遊び方やルールについて調べてみました。

⚒ なので「バサは恐いゲーム」というイメージがさらに加速しているようです。 全員の手札がなくなったら、手札の役(後述)を集計する。

「バサ返し」が怖くて「 バサ」で上がることが怖くなるみたいですね。

😁 確かに調べていくと、バスラというトランプゲームはネット上にルールが書かれており、楽しく遊べるようなゲームになっています。

6
2~10人くらいまでいけるが、4人くらいが一番面白い• 敗者となった人はゲーム終了時点で持っているカードの点数分マイナスがつき、勝者は敗者全員分のマイナス分の得点がつきます。 得点 スコアは次のとおりです。

👣 同点の場合、同点が解除されるまで追加のラウンドが行われます。 そのゲーム名は 「Basra」というものらしく、「バサ」と名前が似ていますね~ このBasraについてもルールを調べてみたんですが、やはりなかなか情報が出てきません。

7
プレーヤーが150ポイントのスコアに到達すると、ゲームは終了します。