多 井 隆晴。 結果論で語るな。5分でわかる、多井隆晴プロ一流の証明

😆 そのイメージを変えるためにも健全な大学生の麻雀大会を作って、例えば「大学麻雀選手権」みたいなものを『AbemaTV』で放送してみたいですね。

「強さと語る能力は別ものであるその両方を持ち合わせる多口(多井)プロは麻雀界において希少な存在だ。

🤣主人公の多口万棒は、態度がでかい高飛車で生意気で、若手を取り巻きとして引き連れている人物、として描かれています。 RMUの代表であり、オーラがあるビックマウスなカリスマ雀士として知られ少し近寄りがたい雰囲気もありますが、やはり気さくで周りからも慕われる人物なのだと思います。

2
他団体より、明らかに一番敷居が低いというか、端的に言えばほとんどの人が入会出来る団体です」 「このシステムにはこだわりがあって、プロって技量だけ競い合っていても仕方がない。 三度目の鳳凰位になった時に、彼からメールで『今度は僕が追いかかる番だな』と告げられた時は、ようやく追いついたかなと嬉しかったです。

🤚 麻雀ファンのためのものなんです。 7em;color: fff;text-align:center;font-size:. タピオカが流行っていれば、ピンズがタピオカに見えるみたいな感じで時事ネタを取り入れるようなイメージです。

10
後に、連盟を脱退し、新団体RMUを設立、代表に就任し、現在もプレイヤーとしてRMU代表として、大活躍しています。 パチンコ雑誌や、パチンコ店のイベントにも参加することもあるようです。

❤ ただ、会社員時代よりは多いと自身の本に書いてありました。

第2回極雀位• 小林:むしろ「チームのために」って無茶しちゃう人の方が仲間にしづらいです。 「全速力」(2019年 )• その話は2011年頃のブログで拝見した話なので、現在でもそうなのかは定かではありません。

🤭 - ABEMA. カリスマ麻雀プロとして知られる多井隆晴プロですが、AKBグループ、特にNMB48のファンだそうです。

5
今までは、あまりなかった、団体の垣根を越えた戦い、そういった企画が行われるようになり、多井隆晴プロと瀬戸熊直樹プロの対決を見ることができるようになりました。

😁 白河雪菜さんの今後について、麻雀プロという肩書きがなくなった日である、2015年4月1日に言葉を残しています。 もしも私が大阪のチームに選ばれたら、大阪に引っ越します。

3
証券会社で働くサラリーマン時代にアマチュアとして麻雀マスターズ決勝進出を果たしたことをきっかけに連盟に入会します。 異名は「最速最強」。