ショタ bl アーカイブ。 ★BL♂鬼畜18禁RANK★

❤️ コメント数:• 」 「すみませんでした。 コメント数:• 露骨な過激描写有。 上「何の用で呼び出されたかわかるか?」 「はい。

20
僕は当時友達と近所にある山を探検することにはまっていました。 二人の男たちはすごい勢いで腰を打ち付けてくる 「んんっおんんん」 胃から何かが込み上げてくる。

😀 どうも慣れないなこの感覚は。

15
時計もないこの狭い部屋で1日に3回ほどシャワーを浴びさせてもらえるのと食事の時以外はここで過ごす。

🤛 コメント数:• 」 息切れしている僕に男がニヤニヤして近寄って来る。 どうやら外に並んでいたようで出て行くと同時に違う男達が入ってくる。 by さる 俺は、いつも強くて優しい親父が小さいころから大好きだった。

だからこの国の陸軍に入ったのも親父に憧れてのことだった。 僕は山で探検して遊んでいる時も、中が覗きたくて仕方がありませんでした。

😚 タグ :• 長編は現代~ファンタジーまで色々あります。 僕は周りの友達よりエロに目覚めるのが早かったのか、 柵の中の建物で子供が何をしているのか気づいていました。

1
男1「俺たちもう我慢できないし、君も一気に終わった方が楽だろうから一気にやっちゃうね」 男1はそういうと自身のそれを思いっきり入れてくる。 」 「あああっあっあっあッァァ」 早くなるピストンに絶え間なく声が出てしまう ビュルル 中で出された感覚に眉を顰める。

🤔 ーガチャ 男「あー疲れたー。 軍に入って3ヶ月目、その差はどんどん開いていき俺は 焦ってトレーニングばかりした。

男「目が覚めたか」 「・・・・・。

🐲 ただこのまま半年を持たず軍から追い出されてしまっては、親父とお袋に顔向けできない。 「あっあっあぁぁああっああ!」 僕は声を抑えることができずに、喘ぎ狂う。 僕は初めて見る女の子の体と、全く想像していなかったセックスとで ちんちんが勃ってしまったので ゆっくりズボンを下ろしてその光景を見ながら オナニーをしてしまいました。

6
大きめのオナホールのように 激しく揺さぶられながら男が果てるのを待つ。