中華 街 食べ 放題。 横浜中華街 おすすめ食べ放題店ランキング!実際に食べたオーダー式食べ放題

🤟 定番中華から高級食材に至るまで、横浜中華街で〈オーダー式食べ放題〉を楽しめるオススメの5店舗「皇朝」(横浜市中区山下町138-24)、「七福」(同139)、「萬源酒家」(同187-1)、「龍福飯店」(同146-2)、「萬金楼」(同149-3)における各店の特徴、違いを徹底解説!3年以上横浜中華街の料理を食べ歩く地元ライターが、歩いて食べ比べた中のおすすめ店をご紹介していきます。

10
紅茶専門店• ジャンルから探す 人気のジャンル• ファミレス• 旅館・オーベルジュ(その他). オーダーが入ってから1つ1つを仕上げ、蒸したて熱々のものを来店客に出しているそうで、柔らかでモチモチした皮の食感、豚肉の味、そして旨さはしっかりあるのに重すぎない、軽快な美味しさの肉汁にもこだわっているのだそうです。

☏ 蒸したてのショウロンポウを思いっきり満喫した後は、この店の名物にもなっている「萬金焼き餃子」へスイッチ。

こちらが一番人気の「焼き小籠包」! 「萬源酒家」の点心、飲茶は全て手作りで、特級点心師が皮から餡に至るまで、丁寧に仕上げている逸品。 名物の鮮肉小籠包は超おすすめ!安い上に味見もできる食べ放題、小籠包専門店「七福」 続いてご紹介するのは「関帝廟」のすぐ横の路地を入った先にある小籠包専門店、「 」のオーダー式食べ放題。

⚐ そしてもう1つ、「皇朝」の食べ放題メニューの中でおすすめしておきたいのが「北京ダック」です。 2021年04月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 元々は横浜中華街の中でも高級店でしか味わえなかった一品とあって、今では来店客の8割近くがオーダーする人気メニューになっているのだそうです。 「龍海飯店」は使用するスパイスの調合を何度も考えた上で現在の味の行き着いたのだそうです。

ズワイガニを贅沢に使用したこのカニ爪には海老のすり身や人参も入っていて、もっちり弾力感のある衣をかじれば、カニの凝縮された自然の甘みが一気に口の中に広がっていきます。 ちなみに日本で北京ダックと言うと皮の部分だけを食べるイメージの人も多いかもしれませんが、本場の北京ダックは身がついているのが一般的で、この身の部分の美味しさが味わえるのも、「皇朝」のポイントだと思います。

✌ していて、小籠包の味までこだわっているのも人気の理由になっています。 こちらのお店には「特級点心師」と呼ばれる資格を持った点心師の方もいます。 しかも、ドリンクバーまでついて1980円になってしまうため、お得度は相当に高いお店となっています。

12
この焼き餃子がかなりのジャンボサイズで、普通の焼餃子3個分、いや4個分くらいはありそうな勢いなのです。

👋 これだけ散々中華料理三昧を楽しんで、値段は横浜中華街随一のリーズナブルさ。 2021年03月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• つけ麺 カフェ・喫茶• お店の方曰く、「超激辛四川麻婆豆腐」は中華街一の辛さ!で、辛いけれど爽快感と複雑な旨味にハマってしまう逸品なのだそうですよ! 一番人気の「焼き小籠包」に加え、「豚肉小籠包」、「フカヒレ姿煮かけ炒飯」「フカヒレおこげ」「北京ダック」「油淋鶏(ユーリンチー)」「マンゴープリン」「杏仁豆腐」までずらりと並べ、その他もメニューも含めてどれだけ食べても飲んでも1980円でイケてしまうって素晴らしい。

そんな「萬金楼」の で利用できてしまうため、味わえる品数に対する値段の安さという意味では、横浜中華街の中でも実質最安値クラスの店となっています。 「龍海飯店」は横浜中華街の中に本店、大通り店の2店があり、今回は中山路沿いの本店の方に行ってきましたが、店内は想像していた以上に広く、席のラインナップは非常に充実しています。

❤️ そして となっていて、最安値クラスとは異なる品数や使用食材へのこだわり、飽きのこない味わいの調理が価格バランスのポイントになっています。 「萬金楼」に行ったらぜひこの一品も食べてみるといいですよ! また、「萬金楼」は数多ある食べ放題店の中でも、海鮮メニューのラインナップがかなり充実しているのが大きな特徴です。

そして「龍海飯店」はこれだけ多数の料理ラインナップを提供しているにも関わらず、「小籠包」も機械は使用せず、すべて手作りの味にこだわっているのも大きな特徴です。 ガーリックチップをふりかけてパリパリ食感のエビをかじれば、甘みと旨味が口の中で思いっきり増強されます!これまたエビ好き、ガーリック好き、パリパリ食感好きは堪らない、追加オーダー必至の組み合わせでした。

🌏 共通しているのは〈オーダー式食べ放題〉なのでビュッフェやバイキングとは違うレベルの食べ放題が味わえること。 隣同士で「食べ放題」を掲げているお店もある 「せっかく中華街に来たのだから、おいしいものを、いろいろ食べたい」という気持ちからみれば食べ放題は魅力的なサービスだが、中には過去にはまれぽでお伝えしたのように、悪質な客引きもいるという。 横浜開港とともに歩み続け、歴史と文化の香り漂う街・横浜のイメージを代表する風景があり、商業と生活が共存しながら独自の発展を遂げてきた。

「悪質」という評判が立つ客引きは、発展会に加盟していない店に多いという。

🤘 食べた後はコクと旨味が忘れられず、もう一口、もう二口と食べ進んでしまうクセになる味わいの一品です! 今回は看板メニューの「彩り五色小籠包」を中心にご紹介しましたが、「龍海飯店」は一般的な食べ放題のメニューに含まれないことが多い「焼き小籠包」が好きなだけ味わえるのも大きなポイント。

「龍海飯店」が凄いのはこれらをおかわり自由で提供し、通常の身がついた北京ダックはもちろん、皮のみのオーダーにも対応してくれる点。 点心好きの方であれば、他にも「上海蟹ミソ入り小籠包」や「海老蒸し餃子」「フカヒレ餃子」などのメニューもありますよ!(上海蟹ミソ入り小籠包は、プラス500円のプレミアム食べ放題のメニューです) 名物の「鮮肉小籠包」の中には旨すぎる肉汁が大量に!!! 「七福」の点心は冷凍のものを使用せず、新鮮さにこだわって全てのものを毎日手作りし、オーダーが入ってから仕上げていくのだそう。

☘ スイーツ• さらに「ホタテのXO醤炒め」「カニ爪の揚げ物」「フカヒレあんかけチャーハン」など、海鮮系のメニューも非常に多く揃っていました。 しかも中身がかなり具沢山な状態なのでずっしり重く、これだけでハイボールがガンガン進んでしまうほどのヤミツキ度なので要注意。 二度、三度、楽しみながらこの贅沢な一品が味わえます。

お得度の高さで選ぶならココ!という理由がよくわかった一軒でした。