ウインド リバー。 映画「ウインドリバー」感想ネタバレあり解説 シンプルで奥が深くて面白い現代西部劇。

🤐 保留地とは一体何なのでしょうか。 FBIの捜査官であるジェーンが到着し、コリーは彼女に協力する形で捜査に加わることに。 乱暴された形跡もあることから、何者かにレイプされ外に逃げ出し死んでしまったのです。

19
(町山智浩)36人って……鹿児島県と同じ面積で2万人以上いて、36人にしても全然状況は変わらないんですよ。

🙄 ちょっとこれね、びっくりするような内容なんですけど2012年にニューヨーク・タイムズ っていう新聞にこのウィンド・リバーで異常にレイプとか女性の行方不明者が多いっていうルポ記事が出まして。 こちらは事前レビューが不要となり実質的に非該当になります。 検死を行うと裂傷やレイプ痕があり、殺人の可能性が高いものの直接の死因は冷気を吸ったことによる肺の出血と窒息死であり他殺とは断定されなかった。

やっぱりジェレミー・レナーは軍人ぽい役が似合いますよね。

😩 第一発見者は野生生物局の白人ハンター、コリー・ランバート。 そこへ戻ってきた警備員の仲間たち。 1880年ぐらい……1860年代に南北戦争が終わって、それから西。

1
なにかの巡り合わせで、地獄のような運命のおちいってしまった人々。

♻ 部族警察長のベン、FBIの新人女性捜査官ジェーン、野生生物局ハンターのコリー。 しかも雪山が舞台ですから。

5
そこにいる客の全員が銃を持っていて、いきなりバリバリ撃ち返してくるんですよ(笑)。

💓 のシェーン役で人気を博したジョン・バーンサルの登場シーンは、随分少な過ぎた気もしますが・・• 」と述べている。 現地のことを全く知らずに来たため、捜査がうまく進まずコリーに捜査の協力を依頼する。

3
先住民の部族には、植民者たちが自分たちには「不要」であり、「住むに値しない」とみなした土地のみが与えられた。

💓 A post shared by windrivermovie on Aug 2, 2017 at 4:46pm PDT ジェーン・バナーはFBIの新人捜査官。 いったい誰のおしりを俺たちは見るんだ?っていう。 そういう点において 僕は今月一番見ごたえがある映画になるんじゃないかと感じております。

物語の冒頭では、コリーがハンターとして害獣駆除にあたり、家畜であるヤギを襲う野生のコヨーテを撃ち殺すシーンがあります。 しかも、娘の事件は未だに解決していません。