イルミナティカードコロナ。 コロナウイルスはイルミナティカードで予知されていた【意味深】

😗 その1つが第三次世界大戦です。

7
「Emergency Powers」のカードは、パンデミックによる市民コントロールと警察権限の増大を表していると考えられる。 では、このカードの男性はなぜトランプ大統領だと言われているのか? まず、顔がそっくりですよね。

☺ これは、ニューヨークのマンハッタンにあるワールドトレードセンターに飛行機が激突した様子と酷似しています。

そしてこの目論見が失敗し、中国政府が、 CDCがパンデミックを仕組んだ証拠を発見した時には、 CDCは確かに解体されることだろう。 このイルミナティが掲げるとされる「新世界秩序」の具体的な内容に「世界人口を10億人にまで減らす」というものがあり、今回のコロナウイルスの世界中への拡散は、そのイルミナティの計画の一端の可能性があると唱える陰謀論者もいます。

😭 すると、パンデミックの真犯人は CDCだと見ることもできる。 20ドル紙幣だけではない。 再選を目指す戦略に大打撃となるでしょう。

👋 カードのタイトルは「Plague of Demon(悪魔の疫病)」です。 世界で初めてウイルスが確認された武漢の建物に似た建造物と 感染源とされているコウモリが一緒に描かれています。 そう考えると、 北朝鮮や中国などのミサイルの標的になってもおかしくない街です。

今、世界中で外出禁止令が出されるという異様な事態になっているが、その 水面下で起きていると言われているのが「大量逮捕」。 各プレイヤーが自分の支配組織に小組織を取り込んでいき、支配領域を大きくしたら勝利というものです。

🚒 コロナウイルスにまつわるイルミナティカードの予知 イルミナティカードといえば、世界の歴史、未来を予知するカードとしてあまりにも有名なもの。

それに続くのが、 「Emergency Powers(非常権限)」と「Upheaval(大混乱)」である。

✔ たぶん、裏には何かありそうな気がしてる。 そのためイルミナティのこれらの陰謀は、核戦争などの人類同士の衝突を招くと危惧されているのです。 「悪魔の疫病」というカードだ。

11
11の大地震はないな。

😆 これには、 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が直接言及されている。

10
なぜなら新型コロナウイルスについて、人口を意図的に減らし、地球環境を良くする目的で人工的に作られ、武漢市の市場でバラまかれたなる陰謀説がそのままだからだ。

⚠ そんななかで1枚のカードが墓穴を掘ってしまった。

「Plague of Demons」は悪魔たちの疫病と訳されることから注目を浴びています。